スキルアップ

Excelの小技(5)-知らないと損するコツ大公開!

 

Excelを使うには数えきれないほどコツがいっぱいあります。前回は【セルの書式設定】について軽く紹介しましたが、今回はその延長線で、中にある【ユーザー定義】を活用するいくつの事例を紹介したいと思います。普段使っていない方、ぜひ試してみてください!

 

●目次

 

①条件を指定してデータを選別する方法

②2桁の日付の表示方法

③数字の後ろに一斉に漢字を入力する方法

④「1」を入力したら「○」、「2」を入力したら「×」が表示されるようにする方法

⑤電話番号などの数字を見やすくする方法

 

……………………………………………………….

 

①条件を指定してデータを選別する方法

 

カッコ[ ]の中に色や条件を入れて設定することができます。下記の例ではこの数字リストの中に100より大きい数字を赤色で表示したい時のやり方を表しています。

 

1

 

 

②2桁の日付の表示方法

 

日付の格式を【yyyy/m/d】を【yyyy/mm/dd】にすれば、2桁の日付の表示が表されます。

 

2

 

 

③数字の後ろに一斉に漢字を入力する方法

 

同じように【ユーザー定義】を開いて【G/標準】の後に【月】を入力すれば、毎月の表示が現れます。

 

3

 

 

 ④「1」を入力したら「○」、「2」を入力したら「×」が表示されるようにする方法

 

【○】と【×】をより効率的に入力するためには、例えで数字1を○に、数字2を×に仮定して、最後【ユーザー定義】によって簡単に実現することができます。

 

4

 

 

⑤電話番号などの数字を見やすくする方法

 

電話番号など、数字が一行で羅列してある場合、見やすくするためにスペースを入れたらいいかもしれません。動画のように操作してみてください。

 

5

 

 

「まとめ」

以上の5つの事例はすべて【セルの書式設定】→【ユーザー定義】の活用により実現できました。

基本とも言えますが、まだ知らない方も多いかもしれません。今回のきっかけで身に付けてもらえたら嬉しいです!

 

 

 

 

 

Tags

About the author

suyon

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me