サービス・インフラ 企業研究

ドン・キホーテ/店舗を自ら創りあげていく。だから、面白い。

「驚安の殿堂ドン・キホーテ」は学生達にとっても安くてなんでもある魅力的なお店となっています。
そんなドン・キホーテでの働き方とは、またこの脅威の価格はどのようにして実現されているのか。今回は、ドン・キホーテ初の外国人店長の張運峰さんにインタビューを受けて頂きました。

 

今年の5月から「ピカソ西早稲田店」の店長に就任。

現在は店長兼食品売場の担当をされている張さん。

現在のお仕事の内容について教えて下さい。

私は毎日14時くらいに出勤し、その後2~3時間かけて売場を回ります。そこで品薄の箇所をチェックし、指示出し・商品補充などを行います。

これが終わった後に、日によって予定は変わってくるのですが、主に商談をします。各取引先に自分から連絡し「いまどんな商品がいいか」ということを紹介してもらう等の作業を1~2時間程。

(私は現在店長兼、「食品売り場担当者」なので、食品部分の仕入れは基本的に全部やっています。)

また各部務の、食品だったり消耗品だったりとかの数字のチェックをします。要するに、昨日売れているかどうか、また今月までの数字と去年の数字とを比べてどうなのか。というところを毎日チェックをしながら、売れているところをさらに売れるように工夫し、売れないところを売れるようにすぐ変えるのです。

あとは通常の発注作業や、店長としてスタッフさんとのコミュニケーションも大切にしていますし、店舗全体のお金の管理なども毎日行っています。

 

 

仕事の魅力は何ですか?

そうですね。ドン・キホーテが「権限委譲」というシステムを取り入れている点が非常に面白いですね。

「権限委譲」とは実力に応じて、従業員に決定権・決裁権を与える。というものです。

一般のスーパーなどでは、本部が一括して商談を行い、各店舗に「これをいくらで売ってください」といった指令を出したりするのですが、ドン・キホーテではそういったことがなく、完全に現場の方に任せているのです。各店の現場担当者が自ら商談し、自分が好きなものを仕入れ、自分で売価を決めていくというスタイルなのです。ここが非常に面白く、やりがいだと感じています。

さらに、今年5月に自分が店長になってからは、そこだけではなく、店全体を見れるようになり、商品の話だけではなく、「売場をこういう風にしたらもっと売れるだろう」という考えがあったらどんどん上司に提案し、店舗をどんどん変えていくことが出来るという点がとても面白いです。

 

では逆に、大変だと感じるのはどのような時ですか。

やはりこの権限委譲には大きな責任も伴ってきますので、理想の数字にならなかったとき・結果がついてこなかったときは大変に感じますね。

 

入社してみて初めて知った会社の魅力はなんですか。

私が入社して驚いたことは、本当に権限委譲してくれるという点です。会社説明会などで権限委譲の説明は受けていたのですが、本当にここまで権限を委譲してくれるとは思っていなかったのでびっくりしました(笑)

私は入社して半年たった頃には、もうすでに大きな金額を任されていました。普通のスーパーなどでは入社してわずか半年の新入社員に多額の仕入れ権限を与えるということはまずないので、これには本当にびっくりしました。また本当にこの会社はみんな自分から行動するんです。自分からどんどん仕事を求めていけば、権限を与えてもらえ、それと同時に役職や給料もどんどんアップしていくのです。「自分からどんどん成長していける」というのもこの会社の魅力のひとつだと思います。

 

働いている人にはどのような方が多いですか?

そうですね、現場では権限委譲という点で、マニュアルがないという点も関係してくるのですが、ドン・キホーテでは教えてもらうというよりは、自分からどんどん攻めていく人が成長が早いと思いますね。「この仕事がやってみたい」等と、どどんどん上司にアピールし、教えてもらうのではなくやりながら成長していける職場だと思っています。

 

将来の目標はありますか?

今は店長として働いているので近い将来では、一店舗だけではなくその上の統括店長を目指しています。

さらにこれからドン・キホーテは、中国などの海外に進出していくという計画がありますので、進出の際には今学んでいることを海外の現地の人々に教え、現地のトップになりたいと考えています。

 

 

仕事をする上で大切だと思うことは何ですか。

現場でのスピード感です。そのお客様が何を買われていくかというのは計算していたらもう遅いのです。なのでもう現場で、去年はこうでしたよね、昨日はこうでしたよね、また今こうだから一時間後こうしようよ、と言ったこのようなスピード感を大切にしています。

また、売場を変える際や人にものを頼むときには、状況をしっかりと把握して、数字を計算した上で行動にうつすようにしています。当たり前のことなのですが、これが本当に大事なのです。

 

これから社会に出る学生達にアドバイスをお願い致します。

自分の力を試してみたい思う方は是非、ドン・キホーテにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。あなたの挑戦をお待ちしています。

 

お忙しい中インタビューに答えて下さった張さん。

また広報室の押さん。

本当にありがとうございました!

 

 

■ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」。

お客様のご要望をもとに商品化のアイデアをかため、驚きの値段で高品質のものを提供しています!

↓こちらに商品紹介があります。ドン・キホーテ自慢の価格を是非ご覧になってみて下さい☆

http://www.donki.com/j-kakaku/product/

 

■ドン・キホーテさんからグローバルリーダー候補採用のお知らせです!

<グローバルリーダー採用情報> ドン・キホーテでは、将来のグローバル展開を視野に入れ、張さんのように、グローバルで活躍できる人財の採用・育成に力を入れています。 グローバルリーダーに採用されると、海外進出時の事業責任者になれるチャンスが待っています! ドン・キホーテは、世界市場での活躍を目指す、高い志をもった人財を求めています。 是非、私たちと一緒にグローバル展開を目指しましょう。

 

 

 

 

 

 

About the author

gakuseikichi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me