メディア 企業研究

株式会社サイブリッジ/One More Valueの精神を仕事に込めて

WEB業界で多くの仕事を手がけるサイブリッジ、その営業という仕事の中でほんとに重要なものとは

ガクセイ基地の保坂です。

広告業やWEBサイト、出版物などの企画・制作から、ソフトウェアの開発、販売まで多くの事業を手がける株式会社サイブリッジに取材をしてきました。

取材を受けてくださったのは入社2年目で、4年間アメリカ留学をされていた渡辺勇磨さんです。

         

株式会社サイブリッジ 渡辺さん

まず、御社はどのような商品を扱っているのですか?

主に2つあります。

1つはウェブ制作とシステム開発を行う受託事業で、お客様のサイトやサービスを作成しています。

 もう1つは自社メディアの運営事業で、具体例として『塾講師ナビ』という塾講師に特化した求人媒体や、大学生向けの情報ポータルサイトなど多くのサイトを運営しています。

 

渡辺さんの普段のお仕事教えてください。

 私はメディア事業を担当しており、『塾講師ナビ』を始めとする自社媒体の運営・営業をメインとし、その他メディアの保守管理や、サイトへの広告営業を行っています。

 

一日の仕事の流れを教えてください。

s_IMG_1167

9:00 出社

〜  メールチェック、電話・お問い合わせ対応

10:00 お客さんの対応、広告の作成・掲載作業

12:00 お昼

13:00  営業、新規の顧客の開拓

19:00  帰宅

 

この仕事のやりがいはどこでしょうか?

s_IMG_1040

自分が成長しているのがすごくよくわかるという点です。例えば、営業ですので明確に数字の達成であったり、上司からの評価であったり、ストレートに評価を戻してもらえるので自分の成長が実感でき、それがやりがいですね。

 

逆に辛いところはどこでしょうか?

 どのような仕事をしていても躓くことはあると思うので、あまり仕事でつらいと感じたことはないです。むしろ、問題の解決のために、苦労することと努力することはレベルアップしている時間なので、それを楽しんでいます。

  辛いとは別ですが、『塾講師ナビ』の営業ではいくつもの教室を全国展開されている大手の企業様から、地域に根付いた個人経営のお客様まで様々な方がいらっしゃいますので、お客様のビジネスモデルによってこちらも提案を変えていかなければいけないところが難しいです。

 s_IMG_1207

s_IMG_1209

この会社を選ばれたきっかけはなんでしょうか?

 海外の大学を卒業して帰ってきた時には、日本の就職活動の時期とずれていたため、すでに自分が検討していた企業へ応募するタイミングを逸してしまったことがありました。海外にいる間からも就職活動を行うことは出来るのですが、まずは、卒業し、帰国してから自分のスキルや力を磨くことが大切だなと考え、改めて自分の経験になる会社を探しました。

 サイブリッジが様々なことを経験出来そうで、どこよりもスキルが身に付くのではないかと思ったのが選んだきっかけでした。

渡辺さんにとって御社の魅力、特徴はなんでしょうか?

風通しが良い社風で、社長や役員・上司と話しやすく、人と人との距離感がすごくいいバランスだなと思っています。また上司や先輩方と話す機会が多いと、自分に足りないものや相手の優れているところを見つける機会が多いので、成長に繋がりやすいのも魅力だと思っています。

 

仕事をする上で心がけていることはどの様なことでしょうか?

主に2つあります。

1つ目はスピード感をもって仕事をするという点を心がけています。お客様からの注文だけではなく、社内の依頼などにも迅速に対応することがすごく重要だと思っています。スピードをあげるのは必要ですが「効率的」という言葉は自分の中で冷たいイメージであまり好きではなくて、早くすることが「効果的」だと思って仕事に取り組んでいます。

 もう1つは、サイブリッジのコーポレートスローガンなのですが『one more value』といって、頂いたお仕事にもう一つプラスの価値をつけてお返しするという点を心がけています。同じ金額を頂いて仕事をするのでも、独自のプラスの価値をつけることでお客様に「サイブリッジを選んで良かった」、「あなたと仕事をできて良かった」と思っていただきたいと考えています。

 プラスの価値というのはそれぞれの業務によって違うのですが、私の場合ですと、例えばお客様の求人が伸び悩んでいたら、サイトの改善や記事の内容の修正を打診したりするなどしています。契約をとってそれで終わりではなく、お客様に満足してもらって初めて仕事が成立すると思っています。

 

営業から他の仕事したりということはできるのですか?

 サイブリッジでは営業からエンジニア/デザイナーになったケースや、逆にエンジニア/デザイナーから、新規事業部に移動し、自社サービスの運営に取り組むケースもあります。また、弊社のメインはWEB事業ですが、WEBと関係ない事業を行こともできます。

社員からの希望を突っぱねることはなく、本気でその事業を企画し、採用されればすぐに実現に移すことができます。

 s_IMG_1075

渡辺さんの経験から海外にいくというのはどのような意味を持っていましたか?

新たな視点が得られるチャンスだと思います。実際、海外に行くと言葉も文化も違い、そのどちらが正しいということもなく、どちらかの基準を押し付けることもできないということを学びました。大切なのはその場の風土に従うという事で、相手を敬い、臨機応変に対応することが大切だと思います。また、海外にいったことでパブリックスピーキングやコミュニケーションの能力が身につき、それが今予想外に役に立っています。

s_IMG_1143

最後に、学生に対してアドバイスなどあればお願いします。

 それぞれが進む職業によって違うので、一概にはいえないですが、どんな職業でも相手からもらった言葉への理解力があるといいなと思います。

 例えば、先輩からアドバイスをもらった時に、その場では意図が汲めないことや不明な点があっても、その裏には自分の捉え方とは違う別の論理や意味があると思います。少し時間がかかってもその相手の意図を理解する、もしくは理解しようとすることで自分の周りで良い変化が起こりだすのではないでしょうか。

 

渡辺さんありがとうございました。

WEBの分野はこれからもどんどんと成長していくと思いますが、その多くのお客様、一人ひとりを大切にするというのは不変だと思います。インタビューをさせていただく中でも、適切にこちらの意図を汲み取っていただき、コミュニケーション能力というものについて考えさせられました。営業という仕事について、誤解している学生や、忌避感を抱いている学生も一度営業という仕事について考えてみてはいかがでしょうか。

[会社概要]

会社名:株式会社サイブリッジ

ウェブサイト:http://www.cybridge.jp/

Facebook  :https://www.facebook.com/cybridge

塾講師ナビ(アルバイト版):http://jukunavi.com/

塾講師ナビ(正社員版)  :http://career.jukunavi.com/

About the author

gakuseikichi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me