サービス・インフラ 企業研究

会社を会計監査や指導で支え、これからの日本をつくる/トーマツグループ

企業価値向上のための多くのビジネスプロフェッショナルグループを持つトーマツ。今回はその中で有限責任監査法人トーマツと、トーマツ ベンチャーサポートの2社の業務を兼務されている佐藤さんにお話を伺いました。

 

お仕事の内容を教えてください。

監査法人の仕事としては、主に監査証明業務と言って、企業や投資家がある会社を評価したり、投資等の意思決定をする際に見る会社の成績表「財務諸表」が、正しいかどうかを第三者の立場から監査するということをしています。主な業務は監査ですが、これから上場を目指す会社が無事に、そして効率よく上場できるよう、上場準備会社の支援も行っています。クライアント企業へ直接出向き、実際に現場でお仕事を見たり話していく中で、財務諸表を正しいルールに従って作成できるようにアドバイスをすることもします。 トーマツ ベンチャーサポートでは、特にアーリーステージのベンチャー企業を支援していて、起業家の方々と一緒に考え、行動し、会社の成長のお手伝いをしています。具体的には、企業の販路拡大や資金調達の支援、事業計画を経営者とともに考えるなど、幅広い役割を担っています。また、ベンチャー企業の海外進出のサポートもしています。

 

 

このお仕事でのやりがいは何ですか?

企業の方にアドバイスをさせて頂いて、その企業が良い方向に進み「ありがとう」と言ってもらえたときにやりがいを感じます。この仕事は相手方との信頼関係で成り立っています。日々密にコミュニケーションをとり、信頼関係を築けるようにしています。上場をめざす会社の指導業務では、その会社の方々と共に目標達成に向けてチーム一丸となって頑張るので、ついに上場できたときの喜びは一塩です。 また、トーマツ ベンチャーサポートの業務でいうと、ベンチャー企業の経営者というのは、様々なことを一人で意思決定しなければなりません。そこで私たちが、これまでのノウハウや経験を活かして経営者に寄り添い、相談相手となっています「クライアントとともに夢を描く」、とてもやりがいのあるお仕事です。

会社や社員の方々の雰囲気を教えてください。

トーマツは“フラットな組織”を目指していて、年齢や地位に関係なく自分の意見を言える雰囲気があるように思います。トーマツ ベンチャーサポートは特に元気で明るい人が多い印象がありますね。

学生の頃は何をされていましたか?

大学は、仕事に直結しそうな経営学部に入り、学生のころから会計士を目指して予備校に通っていました。就職活動はせず、資格を取るために浪人もしましたが、そのおかげで今の会社で働くことができました。その他には、アカペラサークルでボイスパーカッションを担当したり、イギリスに短期留学に行くなど、勉強以外でも学生生活は充実していました。

学生うちにしておくべきだということを教えてください。

一つは、本を読むことです。学生のうちはたくさん時間があるので、ぜひとも様々な著者の本を読んで、いろんな考え方を学んでほしいです。本を選ぶときは、好奇心を持ち、さらにその本から学んだことをいかにアウトプット出来るかということにまで考えを巡らせてほしいですね。 二つ目に、海外で活躍できる人材が増えればいいなと思うので、学生のみなさんにはグローバルな視点を持って勉強をしてほしいです。語学に特化するのも良いですが、何よりも自分を他人と差別化できることに強みがあると思います。広い視野を持って、人と違うことをどうやるかを常に考えてほしいですね。

 

 

 

取材を終えての感想

監査法人やベンチャー企業のサポート。一見とても難しそうで知識を要するような堅いイメージがありましたが、「クライアントの役に立ちたい、力になりたい」という熱い気持ちが何より大切なお仕事なのだと感じました。「ありがとう」と言われることにやりがいを感じるとおっしゃっていた佐藤さんは、取材後すぐにお仕事があったにも関わらず、優しく、とても丁寧にお話を聞かせてくださいました。佐藤さん、ありがとうございました!

About the author

atsushi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me