人材・教育 企業研究

株式会社アルバイトタイムス/”人柄”を重視する社風

毎週のDOMO、DOMONET     それは社員の熱意と一体感から生まれる

こんにちはWORK CAMPの寺田です。大学生なら、一度は必ず手にしたことがある求人情報誌「DOMO」、求人情報サイト「DOMO NET。 静岡が発祥であることを知っていますか?今回は、DOMO・DOMONETの発行元である、株式会社アルバイトタイムスの静岡事業所を取材しました。

お話をお伺いしたのは、沼津営業2課・課長の近藤賢(さとし)さん(入社7年目)と、静岡営業2課・営業担当の桜井貴斗さん(入社4年目)です。

 

具体的なお仕事内容を教えて下さい。

近藤:「私は沼津営業2課の課長をしています。皆さんがよくご存じの

DOMO・DOMONETの営業活動だけでなく、JOBという正社員サイトの営業活動、

また、最近は、モバイルを活用した販売・サービス・飲食業のお客様向け

販促支援サービスといった取り組みも新たに始めました。」

桜井:「私は静岡営業2課のリーダーをしています。営業先でお客様の対応をし、

帰ってきてから営業成績の管理、新人のフォローを中心に行っています。」

 

1日のスケジュールを教えて下さい。

   
   


近藤さんのある日のスケジュール
8:00  出社
9:00  朝礼
午前中     デスクワーク・雑務
午後      営業同行(10社はまわる)
17:00   帰社
・ミーティング(1時間程度)
・各メンバーの営業成績のチェック
・翌日の日程調整
20:00  退社

桜井さんのある日のスケジュール
8:00    出社
メールチェック・朝のニュースのチェック
9:00    朝礼
個人別に係があり、情報を共有
9:30    営業、原稿取材
12:00  原稿作成、他のメンバーとランチミーティング
午後     営業
17:30   帰社 売上計算・入力、翌日の準備
20:00 退社

自分の性格とは正反対の営業職

 

なぜ、このお仕事を選んだのですか。 

近藤:「大学時代、引きこもりで暗い性格であったので、なんとかしなければという思いが

ありました。そこで、あえて自身と対極にある“営業職”を選択しました。

人と積極的にコミュニケーションをとることで、自分を変えていこうと思ったのです。

もちろん、最初の営業研修では挫折しましたね。」

 

どうやって挫折から立ち直ったのですか。

近藤:「できないことを真摯に受け止め、どうやったらできるようになるか考え、

繰り返しやるしかなかったですね。“練習あるのみ”という感じです。

最初の1年は何度もやめようと思いました。しかし、先を見据えずに

安易にやめてしまうのはもったいないです。頑張って続けていくうちに、

3年くらいでようやく慣れてきました。」

”人柄”を重視する会社の風土

 

 

なぜ、このお仕事を選んだのですか。 

桜井:「もともと私は東京で就職活動をしていました。

面接では自分を売り込む場面がかなり多かったです。特技は何か、過去の経歴はどうか、

といった表面的なものを重視されることが度々ありました。

そんな中、この会社では私の“人柄”が重視されました。

就職活動で疲れていた時期だったので、自分の本質を認めてもらえて嬉しかったです。

人事の方と1時間程度お話をしたのですが、この会社の風土が気に入りました。」

 

入社後、イメージとのギャップはありましたか。

近藤:「厳しいだろうと覚悟していたので、ギャップはありませんでした。

ただ、若い方が非常に多いですね。頑張れば誰でも、管理職やリーダーに

のし上がっていけるという印象はあります。社風に関しても

説明会に足を運んでいたので、入社後に違和感があるといったことは

全くありませんでした。」

 

桜井:「私もギャップはないです。強いて言えば、この仕事が求人を誌面に

載せるだけでなく、ネットへの掲載はもちろん、正社員の面談会イベントを

企画・実行し、企業の販促支援サービスといったことも行う、

非常に裁量の広いものであったことですね。

“受け身のスタンスでは務まらない”ということがわかりました。」

企業と若者の間でミスマッチが急増していますが、どうしたら防ぐことができますか。

近藤:「仕事内容を知ることもそうですが、インターンや説明会に積極的に参加し、

さらにfacebookなどのツールを活用すべきだと思います。私も最初から

この会社を志望していたのではなく、いろんな方と接点を持つ中で、

ここではどの人にも“一貫性がある”という実感が持てました。文字情報だけでは

不十分ですので、自分に合うものを貪欲に探してく必要があると思います。」

 

 

この会社にしかない“良さ”はなんだと思いますか。

近藤:「自分で考え抜き、やりきったうえで失敗した場合、特に咎められない

というところですね。どこが悪かったのか、次はどうすれば良いのかといった

前向きに改善していこうという風土があるので、どんなことにも挑戦していけます。

上司から叱責されることがあるとすれば、最初の段階でしっかり考えていなかった

場合ですね。」

 

桜井:「社内に垣根がないところですね。風通しがいい言いますか。

自分が納得できるまでやれるところに良さがあります。上下関係もあまりなく、

常に自分の言葉に耳を傾けてくれる環境がすごく良いですね。」

 

最後に、これから就職活動をする学生にメッセージをお願いします。

近藤:「とにかくいろんな会社を回ってください。大手だけでなく中小企業も

見てほしいですね。自分に合っている会社は、少なくないと思いますよ。

担当の方や現場の社員さんと、自分からコミュニケーションを図っていきましょう。

私がやっておけばよかったと思うことは、インターンですね。参加してみてから、

5年後の自分を想像し、やっていけるかどうか自問自答するといいと思います。

ただし、どんな会社やどんな分野であっても、“自分はやっていけるんだ!”という

意気込みが大切です。」

 

桜井:「就職活動はどうしても焦ってしまいがちです。もちろん熱意も大切ですが、

志望する企業にどれだけ自分が貢献できるか、また、今までの経験を活かせるかが

重要だと思います。内定を採れる人とそうでない人の差は、“意識”にあると思います。

将来、自分が楽しめることを“今”考えられるか否かではないでしょうか。

新卒というメリットを最大限に利用してください。あとは、何でもいいので趣味や特技を

もつといいと思います。」

 

 大変貴重なお話をありがとうございました!!

 

≪会社概要≫

株式会社アルバイトタイムス  http://www.atimes.co.jp/

本社所在地 東京都千代田区神田須田町1-24アイセ神田ビル4F

静岡事業所 静岡県静岡市駿河区中原584-1

事業内容  無料求人情報誌『DOMO(ドーモ)』の編集・発行 静岡東部版・中部版・西部版、名古屋版 求人情報サイト『DOMO NET(ドーモネット)』『JOB(ジョブ)』の運営 モバイル販促支援サービス『HANJOMO(ハンジョーモ)』の販売

従業員数  連結:118名 単体:102名(正社員のみ 契約社員・アルバイト・パートを除く)

 

About the author

atsushi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me