学生インタビュー

理系女子の将来像や理系の実態・魅力を発信/リケチェン!

今回はリケチェンに取材してきました!様々な選択肢を知り、その中から自分の納得のいく道を選んでいってほしい。というコンセプトで活動している、メンバー全員が理系女子の学生団体です!

 

Q:コンセプトを教えて下さい

私たちは女子中高生を主な対象としており、現役理系女子大生の立場から理系女子の将来像、理系の実態や魅力を発信しています。でも理系女子を増やそうとしているわけではなく、コンセプトは”視野を広げて将来について真剣に考えてほしい。様々な選択肢を知り、その中から自分の納得のいく道を選んでいってほしい。”ということです。理系の中で女性はまだ3割未満。とはいえ、その中でも様々な選択肢があります。中高生のときというのは将来に対して不安や悩みがいつもあると思いますが、ただ考えていても何も変わりません。一歩踏み出して様々な選択肢を知り、自分の道を選んでいってほしいと思っています。

Q:活動内容を教えて下さい

一つ目は、ブログによる情報発信です。 ブログのコンテンツが大きく分けて三つあるのですが、まずは「働く/学ぶキラキラ理系女子へのインタビュー」です。社会人であれば、なぜ理系に進んだのか、どうして現在の仕事を選んだのか、やりがいや苦労、今後の目標などまで、全て本音で語っていただいています。ひとくくりに「理系」とはいってもどの方も全く異なる選択をしてきていて、読者の皆さんに様々な選択肢があることを伝えられたらと思っています。私たち自身もインタビューの度に学びや気づきが多いです。次に「サイエンスおもしろ豆知識」です。「理系」というととっつきにくい、難しい、と思われがちですが、身近なものや現象にスポットライトを当てて、実は身近で面白いものなんだ、と思ってもらえればいいなと思っています。そして「理系女子の日常や進路の話」なども書いています。

二つ目はイベントの開催です。リケチェンスタッフも参加者も全員女子であることから「リケチェン!女子会」とよんでいます。 これまでに8回(2013年8月現在)開催しており毎回テーマは全く異なるのですが、大切にしていることは「社会人や大学生との接点を作り、視野を広げてもらうこと」です。中高生のときというのは、進路選択や将来について不安があっても社会人どころか大学生と接する機会も非常に少ないと思います。特に理系を選択している女性はまだ少ないので更に情報が少なく、イメージでとらえがちです。私たちが社会人や大学生と話ができる機会を提供することで様々な情報を知って視野を広げてもらい、将来に向けて活かしてほしい、と思っています。 

Q:嬉しかったこと、辛かったこと

やはりイベントが終わったあと、「参加してよかった!」と満足度の高い感想をもらえたときが一番うれしいです。アンケート結果で、イベントの内容に対しても、スタッフの対応に対しても90%ほどの「とてもよかった」をもらえたときは涙が出そうになりました。イベントは年に3、4回、私たちが想いを伝えたいと思っている女子中高生に直接会える貴重な機会なので、そこで彼女たちの役に立てた、と実感できるとうれしいですね。 辛かったことは、集客が大変というところです。中高生は学校に部活に塾にと忙しいですし、そのコミュニティを出ていきなり学生団体のイベントに来る、というのはハードルが高いことなのだろうと思います。ただ、イベントはブログとは異なって、直接新しい価値観に触れられるので、得られるものの量や熱量がまったく違います。ぜひもっと多くの女子中高生にリケチェンのイベントに来てほしいので、どうやったら彼女たちの手元により多くイベントのことを届けられるか、どうやったらより多くの子に行きたい!と思ってもらえるか、試行錯誤です。

Q:魅力、どんな団体なのか教えて下さい

団体の特徴としてはメンバーが全員理系女子、そして後輩たち、次の世代に還元していく活動であるという点です。この2つが組み合わさった団体はなかなかないのではと思います。スタッフの中には、自分が進路選択したときや将来について考えたとき、目先の進路だけではなく長期的な視点を含めた情報や機会が少なく、後からもっとこういうことを知っていたら、こういう機会があったら、という思いを持っている人も多いです。そういった思いや自身の経験・反省を次の世代に活かして、自分たちのためだけではなく人の役に立ちたいという思いが強いのか、人を大切にできる素敵なメンバーばかりです。他の団体や大学生からも雰囲気がいいとよく言ってもらえるのもうれしいですね。また学年問わず、自分の意見ややりたいことがあればどんどん発信して形にしていけるというのも魅力だと思います。女子会の企画はもちろん、フリーペーパーの新規発行や運営体制の改善なども、1人の提案によって形になった例です。

Q:今後どうなっていきたいか

理系に対するネガティブなイメージがあったり、必要以上に理系と文系を区別したりすることで、理系に進む女子が少ない、という現状が完全に変わるにはまだ時間がかかると思います。今は、イベントに来てくれる子たちはもともと理系への興味関心が強かったり、アクティブと呼ばれたりするような部類に入る子たちです。でも理系をイメージだけで敬遠していたり、将来についてまだあまり考えられていなかったりするような子たちにもリケチェンのことを知って活用してほしい。最終的には現状が改善され、リケチェンの存在意義がなくなればいいと思っています。

Q:学生に一言お願いします 

リケチェン!は女子中高生を主な対象とした活動ですが、ブログのインタビュー記事やサイエンスネタはそれ以外の方にもためになる・参考になるはずです!アメブロ、Twitter、Facebook…ぜひ遊びに来てください♪

また、リケチェンスタッフとして活動していく側に興味がある!という人、理系女子大生なら学年・専攻問わずいつでも大歓迎です♪

これから進路選択などをしていく中高生に向けた活動で、責任は伴いますがやりがいも大きいです。自分次第でいくらでも自分の提案を形にしていくことができ、頑張った分成長もできる環境です。

人の役に立つのが好き!という人、

自分の進路選択の経験や反省を後輩に伝えたい、という人、

教育系の活動に興味がある人、

今の大学生活にもやもやしている、何かやってみたい!という人など…

大学の枠を超えて、リケチェンで活動してみませんか?ご連絡お待ちしています!

 

北畠さんありがとうございました。

 

 

【Information】

Ameblo: http://ameblo.jp/rikei-change/

Twitter: https://twitter.com/rikei_change(@rikei_change)

facebook: https://www.facebook.com/rikei.change

About the author

atsushi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me