学生インタビュー

音楽と学生の可能性を広げる/学生団体 UMF

2013年4月28日大阪城野外音楽堂で1000人を集めたフェスを開催した、学生団体UMF。
「音楽と学生の可能性を広げる」をコンセプトに、これからもたくさんの素敵なイベントを計画されています。
そんなUMF代表の高村さんにお話を伺ってきました!

UMFとはどんな団体ですか?

僕自身は以前からイベントサークルでクラブイベントなど、人と人とを繋ぐようなイベントをしていました。その環境のなかで、学生団体というものもたくさん見てきましたが、音楽を扱った学生団体はありませんでした。特に関西には全くなかったと思います。

自分は今までクラブやライブというフィールドでやってきたので、そんな自分が出来ることは音楽だと思い、「音楽の学生団体を作っていろんな人に影響を与えたい!」と思ってUMFを立ち上げました。

学生団体を立ち上げるにあたっては、社会性というものも必要だと考え、「音楽と学生の可能性を広げる」という目標を掲げ、それを重視して今までやってきました。

この目標のためにイベントの企画運営を行うのがUMFです。

 音楽にも、たくさんの問題があり、僕の好きな音楽も偏見を受けていたりします。

また、最近は音楽のジャンルと言うものが意識されすぎていて、例えば、ロックが好きな人はロックしか聞かないといったことがよくありますが、それはとても勿体ないことだなと思います。なぜ、そうなるのかというと、「ほかのジャンルの音楽を聞く機会がない」という点があります。UMFとしては聞く機会を提供すればよいのではないかという考えに至ったのが第一のスタートでした。

 たくさんのジャンルの音楽を皆に聞いてもらう一番手っ取り早い方法が「フェス」です。

学生がもっといろんなことをやれるのはイメージできるのですが、現在学生が行っているイベントは方向性が限られていることが多いと思います。

音楽は世界共通で誰もが好きなコンテンツであり、音楽嫌いな人はいないはずです。

フィールドの広さもあるし、広いのにまだ誰も手をつけていないブルーオーシャンです。

僕はそこに大きな可能性を感じました。

 

 

メンバーや活動について

現在は2期生なのですが、1期のメンバーは65で1000人規模のフェスを開催しました。

7月現在、2期生は35人なのですが、9月までには50人くらいまで増やしたいと考えています。

メンバー募集はTwitterで行っているのですが、圧倒的に女の子の反応の方が大きいです。

それもあってか若干女の子の方が多いですね。Twitterを活用する事が多いので、強みとして、Twitterのネットワークというものもあります。

 

メンバーは普通の大学生ばっかりで、学生団体に入っていたりとかしている子はほとんどいません。

ミーティングは週1回なのですが、イベントが近づくと週2で行うようにしています。

場所は梅田の近くなのですが、僕の通っている摂南大学の協力で無償でオフィスを使わせて頂いています。そういうところも繋がりの1つですね。

お金ではない信頼だったり熱意だったり、そういう部分も強みとしてあげられます。

 

4月のイベントについて

University Music Festa 2013つながり というイベントを2013年4月28日に大阪城野外音楽堂で行いました。

コンセプトは3つあります。

1つめは「本物の音楽を届ける」ということ。

いろんなジャンルの音楽を聞いてもらう事と、イヤホンとスピーカーの違いを感じてもらうことですね。

2つめが「学生の可能性を広げる」こと。

団体のコンセプトと同じことなのですが、学生に対しては同世代でもこんなことが出来るのかと思ってもらいたいし、大人に対しては学生でもここまで出来るのかということを知って欲しいです。

3つめは「次の世代の子達に学生の力の凄さを知ってもらう」ということです。

次の世代という長期的な面も視野に入れて、小中学生はイベントに無償で招待しました。

 イベントとしては、レゲエ、J-POP、和太鼓、HIP-HOP、ダンス、アカペラ、籠球会など各ジャンルの実力派の人々を呼んでパフォーマンスを行って頂きました。

そしてUMFらしさとして、夢を叫んで共有するというコンテンツも行いました。

他団体や企業さんに協賛して頂いたり、お呼びするだけでは意味が無いので、それぞれがもっと交流して繋がることができるようにブースも作りました。

 

プールフェスについて

9月12日のお昼から大阪環状線弁天町駅直結&屋内プールであるプールスで開催されるプールフェス!

男性2000円 女性1500円 で限定500人だそうです!

 

このイベントのコンセプトは「音楽のある空間づくりをしよう」です。

プールと言う音楽のない空間に音楽を足すことで、どういった変化が生まれるのかということを大事にして、もっと音楽の可能性を広げていけたらなと思っています。

今回はせっかくプールで開催するということもあって、あんまりフェス感は出したくないですね。

つながりという部分をもっと出して、いろんな繋がりをもっと繋げていきたい、音楽のある空間づくりという点を大事にしたい、というフェスです。

夏うたをたくさん流して雰囲気作りをして、一般の出演者さんやプロのアーティストの方に出演してもらおうと考えています。

9月の平日ということで、夏休み中の大学生に来てもらって、とにかく純粋に楽しんでもらいたいです。

実行委員が頑張るのはイベントまでのプロセスである、コンテンツの作成や営業などの段階です。

自分たちが成長できるのもそのプロセスを通してなので、当日は僕たちも楽しんで見守りたいと思っています。

 

 

 

これからの展望

4月、9月、11月のプロジェクトをすすめていくことでジャンルの壁を越えていきたいですね。

そして影響力を大事にしたいと思っています。

来年の5月に梅田でフェスをやるのですが、梅田でやることによってさまざまな人に見てもらう事が出来ます。

後々あのイベントは学生がやっていたとなると、学生の影響力がどんどん増して行くのではないかと思っています。

そのようなところから、学生の価値をもっと高めて、最終的には音楽と学生の可能性を広げるというところに繋げていきたいです。

日本を変えるのは学生だと思っているので!!

 

音楽好きな皆さんに一言

最近は、自分で音楽が良いどうか判断できる人が少ないと思っています。

自分にとって良いか良くないかを判断して、自分が良いと思ったものを大事にしてほしいですね。

 

 

UMFホームページ

http://gakuseidantaiumf.jimdo.com/

About the author

atsushi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me