学生インタビュー

トーキョー馬場大学取材記/最近話題のシェアハウスの実態に迫る!

学生が運営するシェアハウス「トーキョー馬場大学」近年流行し始めているシェアハウス。学生が開くシェアハウスとは!?

 

今回はトーキョー馬場大学住人の林多賀丸さん(日本大学4年)、渡辺将平さん(日本大学4年)、植松希貴さん(グラフィックデザイナー)にお話を伺いました。

 

 

トーキョー馬場大学について教えて下さい。

2012年4月28日に始まった学生が運営するシェアハウスです。

中学時代から仲が良い4人で開きました。

共用スペースを一般に公開し、

地方就活生サービス会議室貸し出しサービスや色々なイベントを企画し、

立ちあげてから今まで、色んな方々にお越しいただいています。

 

 

どういったコンセプトではじめたんですか?

学生の可能性を広げていきたい、人から求められる場所にしたい」という目的で始めました。

こんなことが実現できたらいいよねっていうのをこの場所を使ってやって欲しいと思っています。

 

 

どんな方々が来られるんですか?

やはり学生が多いですね。会議室でのミーティング利用が多いです。

学生団体には2時間無料で会議室の貸し出しを行なっています。

都内に集まるスペースがないという声を聞いて、そういった支援をやろうと思いました。

学生団体の他にはイベントサークル、ファッションサークルの人たちや

社会人の方も来てくれます。レースクイーンの人も…笑

 

 

どんなイベントを企画されているんですか?

国際交流会やスポーツ観戦、朝活などもやっています。

国際交流会では日本語学校からヨーロッパの方々にお越しいただいています。

日本人の若い学生と話す機会が少ないそうで、両者にメリットがあるようなイベントになっています。

朝活もやっていて朝7時にラジオ体操をみんなでやったあと一緒に本読んだりしています。

 

 

この2ヶ月で大変だったことはありますか?

最初が大変でした。

この建物、実は戦前からあるんです(笑)

4月から契約させてもらっているんですが、何もかも今と違うような内装でした。

実はこの部屋の真ん中にも壁があったんですよ!

それをみんなで壊して今のような広いリビングになっています。

壁も全面ペンキで塗ったり、ゴミを掃除したり…。

今お酒の瓶を置いているところも一週間位汚れをゴシゴシしてました!

 

 

なぜここまでしてやろうと思ったんですか?

就活をやっていて「このまま就職をしていいのか」とずっと考えていたんです。

やりたいことも見つからなくて。付属高校で日本大学入って就活の時期になったから就活をする。

そんな大きな流れに反したかったんです。

親が経営者だったのでいずれは起業したいと思っていたのもキッカケの一つですね。

このシェアハウスのために1年間休学したので、これからはシェアハウスありきのビジネスを開拓していきたいと思っています。

 

 

男4人のシェアハウス大変じゃないですか?

中学時代からの友人とあって目立った悩みはないですね。

ただ完全なプライベートがないっていうのはたまに辛いこともあります。

プライベートとそれ以外の時間のバランスを上手くとれればいいんですが、それも人それぞれで価値観が違うのは当たり前ですからね。

ただ帰ってきて仲間が談笑している和の中に入るのもすごく暖かくて楽しいです。

 

 

これからどんなシェアハウスを創って行きたいですか?

一生続く海の家にしたいと思っています。

皆が集まって楽しいことをして帰っていく。そんな場所を提供したいです。

 

 

何かしたい学生に言いたいことはありますか?

何かしら行動に移していれば何かしらにひっかかる
僕らなんてまだまだ何もできないけれど、学生なら熱いパッションがあれば
絶対に何かしらにぶつかると思うんですよ!

現に、僕らなんて「何かしたいっ!」っていう気持ちだけでここまできちゃいました(笑)
何かしたいっていう気持ちがあればきっと何かにぶつかるはずです
もしそんな気持ちをお持ちなら是非、トーキョー馬場大学にきてみてください!
きっとかけがえのない出会い、経験が待っていると思います。
たいしたことは言えないですが、一緒にかけあがっていきましょう!

 

 

トーキョー馬場大学さん、有難うございました!!

 

公式Facebookページはコチラ

高田馬場・一軒家シェアハウス

「トーキョー馬場大学」

 

【取材後記】

Facebook上でも刺激的なプロモーションをされていたり目が離せないです。笑

刺激が欲しい方は迷わず行ってみることをおすすめします!

4人の個性豊かな住人たちが快く迎えてくれることでしょう。

 

【おまけ】

馬場大学の建物の外観や中を少しだけご紹介

 

トーキョー馬場大学入り口。なんかワクワクしますね…。

 

屋根裏へ続く階段。これもまたワクワクします。

 

二階。椅子は粗大ごみから拾ってきたそうです(笑)

 

こんな貼り紙まで…!

 

 

 

取材者 小倉圭司

 

カメラマン 竹内創哉

 

 

About the author

atsushi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me