学生インタビュー

LoveRing/笑顔で堀江から日本を笑顔に

BBQ企画やパン窯制作、地域活性化活動など発足から多くの活動を行ってきているLoveRing。しかし、全ての活動には揺るぎない一つの想いがあった。

LoveRingの全ての行動には「笑顔」という軸がある。これまで様々な活動を行ってきているLoveRingについて、代表の嶋田充孝くんに語っていただきました。

活動コンセプト

私たちの活動には「笑顔で広がる大きな輪」というコンセプトがあります。笑顔っていうものが広がっていけば日本を元気にすることができると思っています。だから、笑顔の追求、それが目的なんです。なのでイベントを起こすことも一つの手段であり、地域活性化することも一つの手段であり、映像を使って何かをするということも一つの手段なんです。

 

二つ目のコンセプトが「一歩踏み出す勇気で世界は変わる」です。自分自身も色々と行動を起こすことで視野が広がっていったし、その中で色々な方向を見つけてきました。やっぱり、踏み出してみないと分からないことっていっぱいある。そのきっかけ作りをしたいです。

笑顔ってなんなのだろう

泣き笑いとか色んな笑顔があるけれども、笑顔ってなんなのだろう?と考えたときに自分たちが考えたのは「人と人が繋がることによって笑顔は生まれる」ということです。人と人とを繋げる笑顔を作っていきたいということから、人のハートとハートが繋がるリングになりたいというLoveRingというタイトルが生まれました。

 

メンバーについて

もともと3人だったんですけれど、新歓で10名増えました。もともとのウチのメンバーを紹介すると、1人はカメラ、1人は映像関係に詳しいこの2名のメンバーと僕の3人でした。だから役割分担がスゴイきれいに分かれていたんですよね。今では10人以上のメンバーがいます。もっと規模は大きくしたいですね。

団体としてのコンセプトとは別に、団体内(メンバーについて)のコンセプトもあります。それが「一つ一つのピースが最終的には大きな絵に」です。やっぱり個人個人やりたいことも、価値観も想いも違う。その中で、それぞれ大きさや色も違うピースを持っている。10人メンバーがいれば、10個のピースがある。このピースが揃えば一つの大きな絵が描けると思うんです。なので、メンバーのやりたいことが変わってもいいんです。そのピースを使って絵を描けばいいんですから。僕は、そのピースをはめていく立場なのかなと感じています。さらに、こうして一つ一つのピースが重なってLoveRingという形になれば、他の団体さんのピースと重なってもっと大きな絵を描くこともできるんじゃないかなと思っています。

立ち上げたきっかけ

10年くらい前に無くなってしまったんですが、大阪で御堂筋パレードというパレードがあったんです。(今また復活しているが、かなり規模は小さい)この御堂筋パレードというのは、様々な企業の協賛の元、難波から梅田のひと区間全部通行止めにして、サンバとかカーニンバルをイメージした色んな車が走って盛り上がるイベントでした。これは大阪の人であれば誰でも知っているイベントで、誰でも見に来るイベントでした。僕自身もちっさい頃は親に手を引かれながら行って、1人で行けるようになったら電車に乗っていっていました。それだけ凄い面白いイベントだったんですね。来ている人の顔がすっごく笑顔で、あの笑顔が自分は凄い楽しかったんです。みんなわいわいしていて、あの空間が凄い楽しかったんです。それで御堂筋パレードがなくなったときに、御堂筋を歩いている人の顔がすごく暗くて、サラリーマンの人も下を向いて歩いていて、何かやる気がないというか、やるせない感じになっていると感じたんです。「何かコレを変えたい」自分になにかできることはないんかなという想いが生まれました。そんな中、東北の震災が起きたんです。TVでその状況を見ていて、再び「自分に何ができるんだろう」と思いました。例えばボランティア活動で東北に行くということもアリだとは思います。でも、東北に行って何かをするのではなくて、関西・大阪を中心に何か起こして、そこから笑顔が広がれば日本全体にもう一回笑顔を取り戻すことができるんじゃないか思ったんです。それがLoveRingを立ち上げたきっかけです。御堂筋パレードで体験したようなあの笑顔の空間を作りたいんです

 

イベントで意識していること

〇〇×△△=笑顔』をいつも意識してイベントを作っています。

〇〇というのはイベントのテーマです。そのイベントによってお客さんに笑顔になってもらう。その笑顔にさせた何か、つまり△△はお客さんに埋めてもらうようなイベントを作ろうと考えています。また私たちは、学生と学生のイベントではなく、一般市民を巻き込んでいきたいと思っています。過去のイベントで言えばBBQ企画:ブタ×△△=笑顔〜豚で広がる大きな輪〜と称して、ブタ一匹を丸焼きにするBBQしたら面白いという発想から、ブタのみのBBQイベントを開催。多くの社会人の方と学生が交流する機会を創出しました。他にもパン窯企画:パン×△△= 笑顔〜パンで広がる大きな輪〜と称して、京都与謝野町にパン窯を作りました。このパン窯作りや、出来たパン釜によって住民の方との交流であったり多くの方の笑顔を創ることができたと思います。

現在の活動

色んな地域で活動してきた。そこで、次は自分の地元で活動したいと思いました。そこで、地元の色々な地域を廻りました。その時、堀江の街と触れたとき「ここだったら、自分の想いをぶつけられる、堀江の人たちも何か起こしたいと思っている、ココなら何かできるんやないか」と思えたんです。そこで、堀江で、堀江とLoveRingから笑顔を創る活動をすることを決意しました。そして街全体が帰ってこれる街づくりを目指して堀江で日々活動しています。

本当の笑顔を創る

LoveRingは笑顔っていうテーマで活動してきました。でも、街の人に言われたんです。「笑顔って辛いことや不安なこと、色々なことを経験してきてそれを笑顔に変える力ってあるよね、本当に笑顔というテーマでやるのなら、その根本というところに目を向けたほうがいいよ」と言われたんです。その時、自分たちが作ってきた笑顔は上辺だけの関係から生まれてたんじゃないかなと思いました。心のどん底に落ちたときに、そこから這い上がってこそ生まれる笑顔、それこそ本当の笑顔なんじゃないかと思いました。そこで、街の人と一緒に安心できる街づくりをしようと考え、「アメホリ防災」と称した防災訓練に積極的に参加しています。堀江の飲食店さんによる炊き出しであったり、理髪店さんによる水なしで使えるシャンプーの体験ブースが出されました。LoveRingでは辛い状況の中でも一瞬でも笑顔を作りたいという想いからシャボン玉をつくりました。参加していた子供たちの笑顔からその場にいた多くの人の笑顔が生まれました。

 

LoveRingはこれからも「笑顔で広がる大きな輪」をコンセプトに本当の笑顔を創って、堀江から関西から日本を笑顔にしていこうと思います。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ありがとうございました。

自分が経験した笑顔の空間で日本を元気にしたい

その笑顔への暖かくも強いこだわりを強く感じました

まだまだメンバーを募集しているそうなので

是非参加してみてはどうでしょうか

最後まで読んでいただき

本当にありがとうございました

橋口裕貴

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

LoveRingホームページはこちら↓↓

http://t.co/yMovzr1S9R

 

 

 

 

About the author

atsushi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me