学生インタビュー

理系イメージアップのために/学生団体CURIE

皆さんは理系に対してどのようなイメージがありますか?暗い、気難しい…など、ネガティブなものが多いのではないでしょうか。そんな理系のイメージアップのために立ち上がった団体があります。代表の木下さんにお話を伺いました。

bannersquare-CURIE

どのように活動をしていますか?

理系にまつわることを、メンバーで意見を出しあって企画しています。これといった特定の活動はありませんが、その代わりメンバーのやりたいことを尊重してできます。去年は理系のミスコンの開催をメインに活動していました。他にも、難しい説明や単語の多い理系大学の学部・学科を、分かりやすくシンプルに紹介するコンテンツを現在作成中です。主に何を学んでいるのか、この勉強は世の中でどのように役立っているか等を、特に高校生に向けて発信できればいいなと思っています。

団体のコンセプト、設立経緯を教えて下さい。

コンセプトは“理系のイメージアップ”です。理系のイメージといえば、頭良さそう、論理的であるなどの良いイメージがある一方で、暗い、気難しい、オタクなどなぜか悪いイメージを持たれることが多いですよね。この悪いイメージのせいで、最初から理系に対して関心を持ってもらえなかったり、敬遠されてしまうことが多いのです。本当は面白い学びもたくさんありますし、理系というだけで興味をなくされてしまうことがとても残念だと考えていました。そこで、もっと理系に関心を持ってもらいたいという思うようになり、そのためには理系のイメージアップが必要だという考えから、同じ東京工業大学の学生3人でこの団体を立ち上げました。

 

去年開催されたミスコンについて教えて下さい。

先程の理系のネガティブなイメージを上げていったときに、やはり暗いというのと同時に、世間的には女性より男性の方が圧倒的に人数が多いというものが出ました。もちろん女性の数は理系でははるかに少ないですが、彼女たちは皆研究もしっかりやっていたり、学校以外でもアクティブに活動していたりと、人間的な魅力にあふれた方々でした。このような、良い意味でのギャップを持っている方々にフォーカスすることで、理系に対する関心が少しでも高まればと思い、理系のミスコンを開催しようと考えました。

ミスコンは去年の9月に、下北沢で行ないました。内容は自己紹介からはじまり、心理テストや理系ならではの実験クイズ、白衣でランウェイを歩いてもらったりもしました。

001

 

 

 

 

 

 

グランプリを受賞された南さん

イベントを通して大変なことはなんですか?

CURIEとしても個人としても最初のイベントだったので、何もわからない0から作り上げるというのはやはり苦労しました。すべてが手探りな状態だったのですが、逆にそれが面白いとも思えたので、良い経験ができたと思っています。

やりがいはなんですか?

お客さんももちろんですが、出場してくれた方に楽しかったと言って頂けたのが本当に嬉しかったです。自分たちのやったことに魅力を感じてくれた人々がいたことは、活動した意味があったのだと実感できます。“お客さんが大勢来てくれた”などの面でイベントが成功することも大事ですが、そこに一番関わった人々が楽しんでくれないと、本当の成功とは言えません。出場してくださった6名は、ネットに写真が載ったりなど、リスクや苦労はたくさんあるので、だからこそ最大限ミスコンを楽しんで頂きたかったので、本当に良かったです。

また、物事を0から作るという経験は、苦労もしましたが個人的に大きな経験になりましたね。また、後輩たちが今年もミスコンを開催したいと言ってくれていることも、イベントを通して彼らに残せるものがあったんだなと感じて嬉しいです。

 

理系がネガティブなイメージなのは何故だと思いますか?

ひとつには“連想”があると思いますね。例えば“理系=白衣、研究者”など、勿論文系にも研究者はいますが、理系に関してはこのステレオタイプはあると思います。研究者といえば、白髪で、髭をはやした博士みたいな人物像を想像する方が多いのではないでしょうか?そして、何か1つのことに没頭するというイメージが強く、ほかのことにはあまり興味がないといった印象が強いのだと思います。このようなところから、人に無関心で暗いといったイメージが生まれているのではないかと思います。実際はそんなことはないんですけどね。

でも、当たり前ですが、人間性を理系でくくることはできないです。文系と理系はお互いに違った良さを持っているので、それをわざわざカテゴライズして比べる必要は全くないと思っています。

 

今後理系のためにどんな活動をしていきたいですか?

今年も後輩がミスコンを開催する予定なので、そのサポートをしていけたらなと思います。個人的には、ミスコンでイベントの楽しさを身をもって感じたので、人々が楽しめるようなイベントを企画したいと思っています。

理系にネガティブなイメージを持っている学生にメッセージをお願いします。

理系と文系に目に見えない境界線があることで、お互いに興味を持たないというのは本当にもったいないと思います。意味のないカテゴリを取り払い、コミュニケーションをとりながらお互い幅広く関わっていけたらいいですね。そのためには、文系の方に少しでも理系に興味を持ってもらいたいですし、もちろん自分たち理系の側からも積極的に関わっていけたらいいなと思います。

 

 

CURIEは今年も理系のミスコンを開催します。現在、運営メンバーを募集中!

興味のある方は是非こちらのメールアドレスからご連絡下さい→ [email protected]

[email protected]ホームページやFacebookを是非ご覧ください!

ホームページ http://curie-science.sakura.ne.jp/

Facebook  http://www.facebook.com/CURIEscinence

お話頂いた木下さん、ありがとうございました!

About the author

atsushi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me