学生インタビュー

リーディングフロンティアとして走り続ける/学生飲食運営団体noa

学生だけで飲食店経営をしてみませんか?夢は海外出店。「飲食店経営を通して成長したい」これが、noaメンバーの思いです。「自分の店を持ちたい」という思いを持った学生が集まる学生飲食運営団体noa。今回は代表を務める合田 達也さん(京都産業大学 4回生)にその楽しさと厳しさを語って頂きました。

 

団体について教えてください

学生飲食運営団体noaのコンセプトは、「飲食店経営というフィールドで成長する」ということです。学生飲食運営団体noaでは、関西圏を中心に4店舗を持ち、学生がそれぞれの店舗を運営しています。他にも学生だけで運営している飲食店はあると思いますが、平時から営業し、また、多店舗展開をしているのは、僕たちの団体だけです。

現在は25人のメンバーで、各店舗を担当しています。仕事内容としては、日報作成や食材の買い出し、その日の営業スタイルや新メニューの提案まで、すべて自分たちで行っています。

今年の5月10日に1店舗目の「おかえりBAR&KITCHEN noa」が3周年を迎え、その記念イベントも行いました。本当に、たくさんの方から祝って頂けて、最高の3周年にすることができました。

 

 合田さんが参加したきっかけは?

2回生の時、友人に勧められて学生と社会人の交流パーティに参加して、前代表の方にお会いした事がきっかけです。その時に、初めて学生でも飲食店経営ができるということを知りました。

それまでは、学生に飲食店経営ができるなんて考えもしなかったんです。僕自身は、ずっと自分の店を持ちたいと考えていて、そのために、社会人になって資金を貯めて起業するという計画だったんですが、noaに出会った事で、自分の計画がいい意味で崩れていきましたね。

僕自身は、もともと学生団体という存在を知らなかったのに、パーティに参加したことで、新しい世界がどんどん広がっていきました。「何かやってみたい」と漠然と考えている学生の方は、まず、一歩を踏み出してみてください。そこから新しい世界が見えてきます。大学生のうちに、その「何か」をぜひ見つけてもらいたいです。

 

各店舗のコンセプトを教えてください

現在(2013年5月現在)は、関西圏で4店舗を運営しています。

1店舗目の「おかえりBAR&KITCHEN noa」は、天満駅(大阪)にあって、お客様もサラリーマンの方が多いので、「いらっしゃいませ」ではなく「おかえりなさい」と言ってお客様と接しています。今のnoaのスタッフは男ばかりなんですが、最初の頃は、全員女性だったんです。それで、お客様とって、娘と同世代ぐらいのスタッフとの会話を楽しんでもらおう、という事からアットホームをイメージして、「おかえりなさい」となったんです。

2店舗目の、「Xing GARDEN」(天満橋駅/大阪)のコンセプトは、学生×社会人です。「X(ing)」は、この「×」の意味です。ここでは、BARとは異なる、飲食店としてのワンランク上を目指しています。そのために、プロの料理人の方に料理を教えて頂いています。社会人と学生が融合することで、新しい可能性を見つけ、店舗としても団体としても、もっと上のレベルを目標としています。

[email protected] [email protected][email protected]に乗り越えました。それは、みんなが繋がり、もう一度頑張ろうという復興のムーブメントがあったからこそだと思います。だから、この場所で飲食店としてもムーブメントを起こそうと考え、「earthquake」→「quake」と名付けました。

そして、この6月からは、新店舗Lf(北浜駅/大阪)がオープンしました。noaは、「大学生が飲食店経営をする」というフィールドを開拓しました。この開拓したフィールドで常にトップを走り続けたい、その思いから「Leading Frontier」→「Lf(エルフ)」としました。

 

 「経営」を通して何を感じましたか

まず、お店を経営するということに対する考え方の甘さを痛感しました。初めは不安よりも店舗を流行らせる自信の方が強かったんです。でも、店舗を任されたことで、アルバイトの時には関わる事の無かったビジネスに関わり、経営の難しさを理解しました。そして、自分だけでは何もできないということも痛感しました。

辛い事もありましたが、お店の雰囲気や接客を気に入って、毎日でも来てくれるお客様がいることは、本当に嬉しいです。自分だけでは何もできないからこそ、仲間の大切さとスタッフとお客様とのつながりを常に大切にしています。そして、自分の周りにいるスタッフがどのように「成長」したいのか、とスタッフのビジョンを常に考え、全員が生き生きと働けるような職場にしています。

これからも、一緒のフィールドで戦う仲間を増やしていきたいですね。

 今後の目標を教えてください

まずは学生の街、京都木屋町に新店舗をオープンすることです。最終目標は、海外の店舗を持ち、学生だけで飲食店を運営していくことです。

海外出店は、飲食店経営としての夢です。また、海外に店舗を持つことで、その店舗で働きながら留学体験もできるようになります。留学に行きたいという意思があったとしても、多額の費用がかかってしまうことから、留学を断念する人も多いと思います。だからこそ、そのような学生にも海外の店舗で働きながら留学を楽しいんでもらいたいと考えています。

noaは、「やってみたいけどできない」を無くしていきたいんです。これからもnoaは、リーディングフロンティアとして、走り続けます。

 

 

合田さん、ありがとうございました。

自分のお店を持ちたい、経営が好き、料理が好き….少しでも興味を持たれた方は、学生飲食運営団体noaのFacebookページからご連絡ください。

 

 

ガクセイ基地関西メンバーで「おかえりBAR&KITCHEN」にお邪魔してきました。その時の写真です。noa店長のしげるさんと関西メンバーの美波をパシャリ。関西メンバーのお気に入りメニューは、クリームチーズレーズン!3回ぐらいおかわりしました笑

 

Tags

About the author

atsushi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me