人材・教育 企業研究

株式会社グローバルリソースマネジメント/英語が話せるだけはもう時代遅れ!?真の国際人の育成を目指して

One bridge というサービスをご存知ですか?一言で言うならばフィリピン留学を支援するサービスです。学生時代にフィリピン留学をして気付いた国際社会の現実。そこから大手志望から一転、学生企業されOne bridgeサービスを運営するグローバルリソースマネジメント代表取締役となられた山田さんにお話を伺ってきました。

 ワンブリッジという事業について

ワンブリッジという事業はフィリピン留学を中心に、海外生活を幅広くサポートする海外生活サポート事業です。ワンブリッジ留学は、既存の留学斡旋サービスとは異なり、現地でコミュニティを創り上げることを目標としています。当社を通じて留学へ参加される方には、語学を学ぶだけの留学ではなく、現地の文化や人々の考え方に触れて、世界での実生活を経験した後で、自分自身と向き合う機会をつくって欲しいと思います。特にフィリピンは途上国ということもあり、自分の価値観を大きく揺さぶられる体験を多くできる国だと思います。そして、将来的には、日本とその国々との間での文化交流や経済発展に寄与していきたい。そのような想いを込めてワンブリッジ、国と国との架け橋になると意味を込めています。

 

真の国際人の育成

ワンブリッジ留学を運営する株式会社グローバルリソースマネジメントは真の国際人の育成を経営理念に掲げています。当社と関わって頂いたお客様が、国際的な舞台で活躍してくれるほど、嬉しいことはありません。英語を話せるということだけではなく、その国の生活や文化に馴染むということ、人々を理解するということ、未知の世界に飛び込む行動力や変化に対する対応力、このような力はリアルの生活なしには、決して得ることはできません。近年、インターネットの普及により、人々の繋がりや現場から学ぶということが失われつつあるこの時代だからこそ、このような体験を大切にしていきたいと考えています。

なぜフィリピン留学の事業を?

自分自身がフィリピン留学へ行ったのが大きなターニングポイントでした。

私は大学在学中に起業したのですが、元々は商社に入社したかったんですよ!実際、就職活動もやりまして、総合商社を中心に数社だけ応募しました。大手総合商社の最終選考まで残りましたが、その時点で、もう心は起業に向いていたので、きっぱり就職活動を終了しました。次の日にはフィリピンへ向かっていました。笑

なぜ就職ではなく起業へと思いは変わったのか?

自分自身、フィリピンへの渡航が人生で初めての海外でした。日本のことしか知らない学生が途上国の海外で生活を通じて、価値観が変わった。たったそれだけのことだと思います。当時の私からすれば、現地の生活水準やストリートチルドレンは本当にカルチャーショックだったというか、たぶん何のことも知らない無知な学生だったので、相当なギャップを感じたのだと思います。バックパッカーとして、タイやベトナム、カンボジアなどといった東南アジア圏を周った時の経験も大きいですね。自分がこの世界に生きる中で、何ができるだろうとか、自分しかできないことって何だろうとか、本気でそういうことを考えてみました。商社という立場で大きな仕事をやるのも楽しそうでしたが、自分で作り上げたい、自分の力で勝負したい、一種の挑戦的な感情が芽生えていたことが、今に繋がっていると思います。

 

 

学生起業して最も苦労したこと

苦労という言葉が適切かはわかりませんが、やはり、実務上の経験がほとんどなかったことです。経験がないので、わからないことだらけなわけです。まあ今でもなんですけどね。笑

自分の頭で考える、自分自身で学ぶ、自ら働きかける、止まった瞬間、もうそこで終わりです。誰も引き上げてくれません。自分自身をコントロールすること、またその姿をチームメンバーに見てもらって、チームメンバー全体の意識も高めること。このあたりは、今でも自分の課題となっています。

学生起業されてのやりがい

私の中では、2つあります。一つは自分の考えを表現できるということですね。もちろん資金や法律など、様々な制約は存在します。しかし、その反面、小さい会社だからこそ、そこには自由さがあります。資金面では優位に立てない以上、自由な発想や今の時代に沿ったやり方を大切にしています。当社では、ブレーンストーミングの時間でもできる限りゼロベース思考で考えることを徹底しています。2つめは、個人の成長です。実務面においてはおそらく一般企業に就職するより幅広く経験できるし、精神面も、自分が良い方向へ進めさえすれば、成長すると思います。人生の選択肢というものは同時期に何個あっても、結局一つしか選択することができません。だから、今の自分の道が正しいかどうかなんて、後にならないと分からないと思います。選択を正しいかったものにするか、間違ったものにするかは、今の自分の努力次第、自分はいつもそう思って生きています。

メッセージ

失敗のスピードを早めること」失敗のリスクが低いうちに、いち早く行動して、何回も失敗して、自分のコレっていうものを見つけて欲しいと思います。

自分の人生を決めるうえで、学生の期間というのはある意味ゴールデンエイジですよ。笑 失敗しても、やり直しがきく。また、年をとることで人は挑戦できない体質になっていくと思います。過去の成功体験に縛られたり、家庭を持ち始めるとそう簡単には、動けなくなるんだと思います。だから、とにかく一歩目を踏みだしてみましょう。今から。

 

ありがとうございました

自身の学生の経験から起業という道を選んだ山田さん

フィリピン人たちのためにできる最大限のことをやるんだ」

真の国際人を育成するんだ」

という暖かくも、熱く、揺るぎない意志を強く感じました。

株式会社グローバルリソースマネジメント様 ありがとうございました。

また最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

橋口裕貴

 

※尚、今回取材させていだいた株式会社グローバルリソースマネジメントさんが、7月5日に立命館大学(BKC)にて開催されます産学協同アントレプレナー教育フォーラムにご出展されます。留学に興味を持たれた方、記事を読んで一度お話を聞きたいと思われた方は是非ご参加ください。

 

フィリピン留学の情報はOne bridgeを活用してみましょう!

http://www.ryugaku-onebridge.com/

About the author

atsushi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me