コラム

女子大生はここを注目!話題のダイエットフード「チアシード」

皆さん、お待たせしました。話題のダイエットフードシリーズ第3弾「チアシード」をご紹介したいと思います。

 

その前に、シリーズ1と2は既に読みましたか?

 

まだ読んでいない方は「カカオニブ」, 「ヘンプシード」 をクリックして見てくださいね!

 

では、「チアシード」のご紹介に入りたいと思います。

 

*「チアシード」って何?

 

古代マヤ人がよく食べていたというチアシードは、チア(CHIA)という食物の種で、上図のように2mm位しかない白、黒、グレー、ブラウン等の小粒になっていますが、栄養豊富でありながらも、少量で満腹感をもたらすことで有名です。

 

*「チアシード」はダイエットにどう役立ちますか?

 

 

  • 豊富な繊維質 

 

豊富な繊維質がダイエットの時になりがちな便秘を予防してくれますし、体の中にある老廃物を排出させることにより、新陳代謝を促進します。

 

  • 満腹感で過食防止

 

満腹感をもたらすことで過食を防止し、食欲をコントロールできない方にはありがたい栄養食です。

 

  • インシュリン抵抗性を下げる!

 

インシュリンはダイエットをする人にとって最も大事なホルモンであると言っても過言ではないです。直接に脂肪を生成を促す役割も果たしているし、食欲の調節にもかけられない大事な存在です。このインシュリンの数値のバランスを維持させるに役に立つ繊維質とリノレン酸が豊富に入っています。

 

*「チアシード」の味と食感は?

 

チアシードは特別な味がないため、何と一緒に食べてもいいと思います!ただ、食感に関しては好き嫌いがある場合があります。乾燥されたそのままが好きという方がいると水分を吸収してに膨らんでいるその状態を好きという方もいます。個人的には膨らんでない方が好きだが、お腹に満腹感を感じさせるためには水分がたっぷり入っている方がいいでしょう!ちなみに、そのまま食べたいという方はその後ちゃんと水分供給をしてください。お腹の中で膨らむ際、水分が足りなくなる可能性がありますので十分注意です!!!

 

*「チアシード」の適切な摂取量は?

一日50gを目安に食前に食べることをお勧めします。

チアシードの中に不飽和脂肪酸が多いことで、多量を食べるとその効果を果たせないと思います。食べるタイミングは食前に食べるのを一番お勧めします。自分の生活のパタンを見て過食しやすい時の前に食べたら最高です:)

 

*「チアシード」の食べ方は?

 

 

チアシードは特別な味がないため、ヨーグルトや牛乳、デザート等に混ぜて食べてもいいです。ただ、そのまま食べたいという方は、その後ちゃんと水分供給を忘れないでくださいね!チアシードがお腹の中で膨らむ際、水分が足りなくなる可能性がありますので、水分補給だけは十分注意してください!!!

 

 

食欲を抑えきれないダイエット中の方々は、ぜひチアシードダイエットを試してみてくださいね!

 

 

次はチアシードを利用する様々なレシピの中で選んだ「チアシードイチゴジャム」のレシピを共有して見ようと思います:)チアシードが入って、もっとプリプリするイチゴジャムの作り方!

お楽しみにしてください^^

 

*関連記事*

女子大生はここを注目!話題のダイエットフード「カカオニブ」

女子大生はここを注目!話題のダイエットフード「ヘンプシード」

About the author

jeongjuhee

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me