コラム

女子大生はここを注目!話題のダイエットフード「ヘンプシード」

もうそろそろ桜開花の季節、服もだんだん薄着になってきている中、冬にためてきた脂肪を今のうちに燃焼させないと!

そこで、話題のダイエットフード「カカオニブ」 の記事はもう既に確認しましたか?

更に、カカオニブを利用したレシピ2選の記事もありますので、そちらも先に確認しておくのもいいと思います!

では、話題のダイエットフード第2弾!「ヘンプシード」を紹介したいと思います。

 

* 「ヘンプシード」って何?

大麻の種? 麻薬じゃないの?
と誤解されることもあるみたいですが、しかしこれはご安心ください。ヘンプシードは品種改良を通じて幻覚成分があるどころを取っていることで、安全なのです!まだ日本ではなじみがないようですが、アメリカやカナダ等では優れた栄養成分に注目し、よく食べていると言われています。

 

* ダイエット女子に人気な「ヘンプシード」の魅力とは?

 

1. 9種類の豊富なアミノ酸が含んでおり、食べ物として必ず人体に供給しなければならない必須アミノ酸の全てがここに濃縮されています。良質タンパク質の約2.1倍、豆腐の3.9倍ということで、体力補充にも卓越し、アルギニンがサーモンより15倍以上も多く、疲れを取るのにも効果的です!また、成長ホルモンの分泌を促進させ、皮膚の弾力、体脂肪の分解、筋肉の維持等にも役立ち、ダイエットには欠かせない食べ物です。

 

 

2. 繊維質、カルシウム、葉酸の摂取で栄養バランスの崩れを解消してくれます。地道に食べ続けることで、バナナの1.5倍の繊維質で、ダイエット中になりがちな便秘も予防してくれますし、カルシウムもマグロの8.7倍以上あるため、骨の健康にも大変いいです!

 

3. ビタミンB1·B2·B6は体内で生成できないことで、食べ物で摂取しなければならないビタミンが豊富です。また、疲れの回復に効くビタミンB1がストレスを緩和させ’幸福ホルモン’と呼ぶセロトニンに生成に関与するビタミンB6が豊富です。ダイエットをする中に鬱になりがちですから、ヘンプシードをこつこつ食べて健康的なダイエットをしましょう。

 

* 「ヘンプシード」の味と食感は?

味は特別なくせがなく、特別な調理をしなくてもいいことでそのまま食べてもOK! 

くせのない味のおかげで何かに入れて食べても大丈夫!

食感も柔らかいことで、すごく食べやすいです。

 

* 「ヘンプシード」の適切な摂取量と食べ方

ヘンプシードの一日適切な摂取量は8g、大さじ1/2の量です。不飽和脂肪酸が豊富ということで多量を食べるの腸の運動が過度になることで、勧奨量を守り、毎日こつこつ食べることをお勧めします!

 

食べ方としてはヨーグルトやサラダのトッピングにして食べらり、ご飯を炊くときにコメと一緒に炊いてもいいです。

 

じゃあ、どうでしたか? 

ヘンプシードと一緒に健康なダイエットはいかがですか?

 

*関連記事

女子大生はここを注目!話題のダイエットフード「カカオニブ」

カカオニブで作った簡単レシピ2選

About the author

jeongjuhee

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me