コラム

魅力がたくさん!ポルトガル旅行 vol.1

 

大学生と言えば旅行!

時間がある学生のうちにたくさん海外に行きたいですよね。

そこでおすすめなのがポルトガル!

フランスやイタリアなどと比べると馴染みのない国かもしれませんが、ヨーロッパの中では物価も安く、治安もいいので学生でも行きやすいです。

そこで今回はポルトガルの魅力をご紹介します!

是非、長期休みの旅行や卒業旅行で行ってみてください!

 

そもそもポルトガルってどんな国?

ユーラシア大陸の最西端にある国です。国土は日本の約1/4で、時差は9時間です。

日本からはアムステルダムなどで経由して、乗り継ぎを除くと15時間ほどです。私は乗り継ぎが長く丸1日ほどかかりました…

 

費用はどれくらい??

今回は添乗員付きのツアーに参加しました! 現地に4日間滞在し、移動も含めて7日間のツアーでした。

気になるお値段ですが、ツアー代12万円(飛行機代・ホテル代・食事代)程度、その他食事3食分とお土産代で2万円弱ほどでした!ヨーロッパにしては安いと思います!

 

それではオススメの場所を紹介していきます!!

オビドス

「王妃の街」として知られる城壁に囲まれた小さな街、オビドス。石畳の路地と白、青、黄色の壁がとてもかわいく、どこを撮っても絵になります。

いたるところにお土産屋さんがあり、可愛い雑貨が売っています。カラフルなタイルで作られた鍋敷きやマグネット、サクランボの一種から作られるお酒「ジンジーニャ」などが買えます。

 

ポルト

ドン・ルイス1世橋

エッフェルの弟子により建設された橋。2重構造の橋になっていて、上には電車が下には車が通るようになっていて、歩行者は両方渡れるようになっています。

ポルトは、18世紀にポートワインの生産と輸出で繁栄しました。今は使われていませんが、当時は写真の手前にある船で樽に入ったワインが運ばれていたそうです。 川沿いの街並みは本当にきれいで、「ヨーロッパにきたー!」という感じがします。

 

とても豪華なマクドナルド!

中にはシャンデリアもあって、本当にマクドナルドか疑ってしまうほど! しかし、売っているのはバーガーやジュースで、値段も日本と変わらず安いです。

 

教会

ポルトガルはキリスト教の国であり、その90%はカトリックだと言われています。そのためたくさんの教会があり、中にはきらびやかな装飾が施されています。

 

街並み

ポルトガルの建物はカラフルなものが多く、思わず写真を撮りたくなってしまします。カメラ女子にはうれしい街並み!

 

アズレージョ

アズレージョというのは、ポルトガルの伝統的な装飾タイルのことです。街のいたるところで見られます。14世紀にスペインのセビーリャから輸入した、ムーア人伝承のタイルが起源ということです。世界史を学んでいた人は聞いたことあるはず!?

 

豆知識

こんぺいとうポルトガル語(Confeito)だったと知っていましたか?

実はポルトガル語だった言葉は他にも、ボタン(botão)、カステラ(castella)、ジョウロ(jorro)、おんぶ(ombro)、てんぷら(temperar)などがあり、日常に欠かせない言葉になっています!

 

ポルトガルのお土産

ポルトガルにはたくさんの雑貨が売ってありますが、その中でも特におすすめのものをご紹介します!

バルセロスの雄鶏

ポルトガルの伝説に登場する鶏です!サイズも小さいものから大きいものまで、色も黒・青・緑など、たくさんの種類がいたるところに売っています! この雄鶏は幸福のシンボルにもなっているので、お土産にもぴったりです!

恋人たちのハンカチ

昔の女性が男性に渡したラブレターのハンカチです!かわいい♡ 本当は刺繍のものが有名ですが、とても高いので、プリントのものをお勧めします!これだと2ユーロ(240円)くらいです。

 

続いてポルトガル旅行記vol.2も掲載する予定なので、お楽しみに!!

About the author

nana

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me