Startup Stock Photos

【初心者向け】Photoshop②-ツール-

前回のPhotoshopコラム①では、はじめにやっておくと便利な環境設定を紹介いたしました。今回はツールを見ていきましょう!

 

〔ツールパネル〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photoshopの左端に表示される「ツールパネル」とワークスペースの上に表示される「ツールオプションバー」を使います。

ツールパネルを見てみると、表示されているツールの右下に小さな三角が付いているものがありますね。これはこのツール以外に非表示になっているツールがあることを示します。

実際に文字ツール を選択してみると、

縦書き文字ツールが隠れていたことが分かります。現在選択しているツールは左側に「・」が表示されます。この場合、横文字ツールが選択されています。

〔ツールパネルのカスタマイズ〕

ツールパネル上で表示・非表示にさせるツールを自分でカスタマイズすることができます。

「編集」→「ツールバー」と進むとこのような画面が表示されます。

「予備ツール」から表示させたいツールを「ツールバー」ドラッグするだけで表示させることができます。逆に「ツールバー」から「予備ツール」にドラッグすれば非表示に!

〔ツール〕

多くのツールがあるのは分かりましたが、何に使うかよく分からないものが多いですよね。ここからはよく使うツールについて紹介していきます。

【移動ツール】

レイヤーを移動させる時に使うツールです。Ctrl+Tでレイヤーを選択、ドラッグで移動ができます。

【長方形ツール】

長方形の選択範囲を簡単につくれます。塗りつぶしたり、枠だけ色づけることも可能です。

【文字ツール】


文字テキストを打ち込むときに使います。通常の場合、横書きツールになっています。ツールを選択して縦書きツールに切り替えができます。

【クイック選択ツール】

選択範囲を作成する方法はいくつかありますが、このツールは境界線がはっきりとしている画像に向いています。ドラッグするだけで簡単に選択範囲が作成できます。

【ペンツール】

“アンカーポイント”という点を打ち込み(クリック)、繋げてパスを作成していきます。直線はもちろんですが、ベジェ曲線という曲線も描けるので複雑なオブジェクトにも対応できます。曲線を描くのが少し難しいです。パスを作成したら描画や塗りつぶし、選択範囲を作成して切り抜くこともできます。

いかがでしたか?実際に使ってみるのが1番覚えやすいので、どのツールがどのような働ききがあるか、使いながら覚えていきましょう!

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*