学生インタビュー

実施するワークショップの満足度、驚異の92%!?/学生団体Re:inc

みなさんは、情報モラルと聞いて何を思い浮かべますか?

あまり聞きなれない言葉だと思いますが、とても身近なものなのです。

今回は、情報モラルに関するワークショップや講演会を行っている学生団体Re:incさんにお話を伺ってきました。

 

 

 

今回は、Re:incの代表で中央大学4年の、窪田大悟さんに取材をさせていただきました。

 

窪田さん、よろしくお願いします!

 

~まず、学生団体Re:incの名前の由来を教えてください~

 

Re:incの由来は、「Rethink about the internet crime」の略称です。意味としましては、「インターネット犯罪について考え直そう」と言う意味です。また、「Re: inc」の「:」は、メールの返信に使われる「Re:」を強調しており、「未来のインターネット犯罪を防ごう」というメッセージも込められています。

 

 

~主な活動としてはワークショップと講演会をされているとのことですが、ワークショップはどのようなことを行っているのですか?~

 

ワークショップでは小中高生を対象に行っています。また、たまにPTAや大学生の方々にも行っています。そこでは、いわゆる情報モラルであったり、インターネットやSNSのいじめに巻き込まれないようにするためにはどうすればよいか、インターネット上で見知らぬ人と出会わないためなど、今日の情報社会の危険性を知ってもらうための啓発活動を行っております。

 

~どのような流れでワークショップを行っているのですか?~

 

 

まずワークショップを行う前に、事前にその学校の生徒に携帯の利用状況などをアンケートし、それを基にして内容を考えます。そして、担当の先生と打ち合わせを入念に行います。

 

ワークショップでは、最初にグループ分けをし、導入としてSNSの現状を話します。

、いよいよグループディスカッションに入ります。

グループディスカッションをしてもらった後 、グループごとに話した内容を発表してもらい、質疑応答をして、まとめます。 

 

ワークショップが終わったら、事後アンケートに答えてもらって、私達はそれを持ち帰っていつも振り返っているのですが、「ネット上でのトラブルは身近なもので、他人事ではないと実感できた。」などの感想があったりして、自分たちにとっても教える立場なので、勉強になりますね!

 

 

<ワークショップの様子>

 

 

~ワークショップを受けてもらった生徒たちからはどんな反応がありますか?~

 

平均で、92%の生徒がワークショップに満足してくれるんですよ!

生徒たちも、「ファシリテーターの方が、大学生だったので、とても身近な視点で考えることができた」などの意見が多く、インターネットやスマートフォンの使い方を見直すきっかけになる生徒も多いです。

 

満足度92%ってすごいですね!

 

 

~講演会はどういったことをお話しているのですか?~

 

 

講演会では、神奈川県警のサイバー犯罪課が主催する講演会の一部をいただいて、教壇に立ち、「こういったサイバー犯罪の事例がありますよ」と言うように説明したりしています。

講演会によって、人数が多い時では、1800人の前で講演したりしましたね。また、大学生が講演をするとういうことで、聞き手の方もより集中してきいてくれますね。

 

 

<講演会の様子1>

 

 

~講演会で工夫していることはありますか?~

 

聴いている人たちが退屈しないように、質問などを投げかけたり挙手をさせたり、近くの人どうしで話しをしてもらったりして、いつもとは違うような講演になるように、努力しています。

 

 

~そういった講演会などのお話しはどこからいただくのですか?~

 

自分達を支援してくださってる団体や、HPなどから直接お話しを頂くこともあります。ですが、今は我々の活動を神奈川県警様と日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)様に支援していただいていて、そこからいただくことが多いですね。

<講演会の様子2>


~ワークショップや講演会の難しさはありますか?~

 

自分達はすべてのワークショップをご依頼いただいた学校のニーズに合わせて、内容を一から作っています。そのために、事前の打ち合わせやメールでのやりとりを重ね、ワークショップなどを行うので、そういった点で時間がかかってしまうというところが難しいですね。ですが、ワークショップや講演会が終わった後に「また来年もお願いします。」と言われると嬉しいです

 

 

~月2回のミーティングではどのようなことを行っているのですか?~

 

 

ミーティング前にあった活動報告と、今後予定してある活動の打ち合わせが主ですね。特に時間を割くのが、ワークショップで使用するスライドの作成や、講演内容を議論することで、よりよいワークショップにするためにどうするかを考えたりしています。

 

 

<ミーティングの様子>

 

 

 

~最後にまだやりたいことをみつけていない学生にアドバイスをおねがいします!~

 

自分は元々情報を集めることが好きということもありますが、とりあえず、自分の興味のある情報を集めることが大切だと思います。そうしたなかで、より興味を惹くものが見つかれば、もっと調べてみたり、実際に行動にうつすべきだと思いますね。そうすれば、自ずと流れが出来、いろいろなことに繋がっていくと思います。

 

 

 

ありがとうございました!

 

 

学生団体Re:incでは、新メンバーを募集しています!

人に何かを教えるのが好きな方や、サイバー犯罪に興味のある方、

IT系の会社に就職したい方など、就活にも生かせる学生団体です!

詳細やお問い合わせはRe:incさんのHPやツイッター、FBでお願いします!

 

 

HP http://reinc.info/wordpress/

Twitter   @cyber_bouhan

FB   https://www.facebook.com/Reinc.cyber.bouhan/

 

About the author

hiroki

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me