スキルアップ

ひまつぶしで勉強ができる!-英語勉強アプリ2選

英語を7年間以上学んできた私はある悩みを抱えています。

 

“どうして、外国人に会ったときに簡単な英語すらいえないのか!”

 

 

 

私は数千、数万個の単語、文法、読解などを勉強し続けてきました。でも、たくさん勉強しても英語ができないから、英語から逃げて、英語がだんだんできなくなってしまうという負のスパイラルに落ちいってしまいました。

 

日本に留学している私は、結構英語を使う機会が多く、困ることが多いです。なので、英語は今日のグローバル社会の中で生きるためには必要不可欠だと思いました。

 

しかし、TOEICなどのテストや、日常会話を教える塾は多いけど、費用が高く、限られた時間の中ではなかなかうまくいかずに終わってしまうことも多いでしょう。実際に、私自身もそうでした。

 

 

なので、今回は電車の通学時間や、ちょっとした空き時間をうまく使いながら,低コストで英語の勉強もしっかりでき、なおかつ勉強=面白くないという概念を覆すようなアプリやサイトを紹介いたします。

 

 

 

Duolingo ー(初心者や基礎がたりない人向け)

 

 

基礎からきちんと学べるアプリです。

“ I am a boy ”のような基礎的な文から高度な英語まで、学ぶことができます。

ここに出ている文章は会話でも使える要素がたくさんあり、毎日こまめに勉強することができます。

 

 

 

アップルストアに [Duolingo]を検索したらこのよう(↑)に出ます。

 

こんな感じで、レベルに分けられて進めます。

 

 

簡単に学ぶキーワードについて見ることができます。

 

 

流れる英語の音声を聞き、訳をしたり、逆に日本語の音声から英語に訳するのもあります。

 

 

勉強するにつれて、だんだん難しくなります。

このアプリは基礎が足りない人向けで、そんなに時間もかからなく、面白いので飽きずに勉強できます。

 

 

Tedict -(さらなるレベルに行きたい人向け)

 

聞き取り、文章に構成を組むことが学べます。

  

 

アップルストアに [tedict]を検索したらこのよう(↑)に出ます。

アプリは480円かかりますが、それに見合うだけの価値はあると思います!

 

 

これがメインの画面です。STARTを押してみます。

 

 

今まで出たTEDの講義が出て選べます。

 

 

例えば、「知らない人と話すべき理由」を選択したとしましょう。

 

 

音声を聞きながら、スペルを入力して行きます。早くて聞こえない単語や前置詞などは実際早口で言ってしまうので、聞こえない場合が多いです。それも推測しながら書いたら、文章の構成能力の上昇に繋がります。

 

 

他のバージョンの聞き取りもできます。

これも文章の構成を聞く前に考えながらやってみてもいいです.

どうですか? 楽しく勉強してみませんか?

About the author

jeongjuhee

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me