スキルアップ

Excelの小技(3)―表の外観をよくする方法5パターン!

201312031606411018

 

Excelを使うということは、ただデータを正確に入力するだけではないです。他人に見やすく読んでもらうためには、表の外観にも工夫が必要です。他人が作った表はなぜ自分のより良さそうなのかと思ったときは、まず自分が「セルの書式設定」をよくしているのかを確認したほうが良いでしょう。

 

ということで、セルの書式設定の仕方をまとめてみました!!

まず、どうやってセルの書式設定を変えるかを紹介したいと思います。

ワンクリック操作で「セルの書式設定」の操作画面が出て来ます!(いずれかの矢印が指したところをクリックしてください)

 

1

 

また、所定のセルでマウスを右クリックし、一覧の中の「セルの書式設定」をクリックする方法もあります!

 

%ef%bc%92%ef%bc%8d%ef%bc%91

 

「セルの書式設定」の画面の中には、書式が綺麗になるように主な設定が載っています。

ではこれらの中から、「表示形式」→「配置」→「フォント」→「罫線」→「塗りつぶし」の常用機能の順で紹介したいと思います。

 

2

 

1.表示形式

メニューにいくつもの分類形式が表示されるので、使う目的によって数値を様々な形式で表示してみましょう!

 

%ef%bc%93

 

数値:10000を例とします。常用項目によって変化した形式を見てみましょう。

 

4

 

このように、「10000」という数字が様々な形で表示されます!

 

2.配置

文字の配置を横位置、縦位置から調整できます。また、右方向の「文字列」の指針の調整で文字の傾く度数を調整できます。

 

5

 

数字「555」を斜め45度にしてみます。

 

%e3%81%a6%e3%82%932

 

3.フォント

このメニューからフォントの編集ができます。フォント名、スタイル、サイズ、色、下線、取り消し線などの設定が行えます。

 

7

 

フォントの編集をやってみます。

 

%e3%81%a6%e3%82%93%ef%bc%93

 

4.罫線

 罫線の設定をするとより見やすい表になります!

 

%ef%bc%98

 

例えば、下のように表の罫線を設定します。

 

%e3%81%a6%e3%82%93%ef%bc%94

 

5.塗りつぶし

罫線を設定する以外に、色で表を塗りつぶすこともいいでしょう。下の「サンプル」から確認できます。

 

%ef%bc%99

 

こんなように表の塗りつぶしをします。

 

%e3%81%a6%e3%82%93%ef%bc%95

 

 

「まとめ」

いくつの基本的なポイントを紹介しましたが、いかがでしょうか。

実際、表の外観や見やすさから表の優劣が見えてきますので、ぜひ「セルの書式設定」を活用していい図表を作ってみましょう!

 

 

 

Tags

About the author

gakuseikichi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me