就活

すべての学生はこの映画を観よ!! 就活ホラー映画『何者』を就活生が観に行ってきた感想!


「就活」をリアルに描いた映画「何者」の公開初日。実際に就活を控えているガクセイ基地の3年生2人(ほうん、久保)が観に行ってきました!
その感想を会話形式で書いていきます!

 

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。
それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。

(filmarksより抜粋)

 

 

映画館に向かう二人。

 

 
    久保      ほうん(シャイなのでイメージ)

久保:ほうんさん、朝井リョウの原作読んだ?ぼく読んだんだけど、めちゃくちゃ心えぐられるよ。

ほうん:私まだ読んでないんだけど、そんなにやばいの?!

上映後

ほうん:心えぐられる部分もあったけど、思ったより大丈夫だった!久保っちは?

久保:…………

img_1966

ほうん:ええ!?そんなに!?

久保:もう生きていく気力がない……

 

*注意:これから語る感想は極めて主観的なものになります。
そして、物語の本質には触れない程度の若干のネタバレがあります。

就活を通してあぶりだされる人間像

 

ほうん:ストーリーはすごく面白かった!でも全体的に地味だったかも。

久保:確かにラスト以外は日常が淡々と続いたから、ずっと観るのはちょっと集中力いるよね。

ほうん:うん、登場人物がそれぞれ性格違ってて、会話しているの見てて楽しかった部分もあったけど、それで感動したかというと微妙なんだよね。でもツイッターの言葉がシーンの切り替えで出てくる演出はすごく面白かった!ツイッターの恐ろしさをここまで描いた映画って初めてかも。

久保:そうそう、ツイッター怖かった!
それと就活についても、就活の厳しさを描いているというより、就活を通して登場人物それぞれの人間像があぶりだれるところが、リアルで怖かったよね。
 プライド高くて就活している人間を見下してる人、「○○頑張ってます!!」って努力の過程をツイッターでアピールしている人、名刺に海外ボランティアやインターンシップの経験をびっしり書いて配ってる人……。「いるいる!こんな人!!」っていう(笑)

 

 

ほうん:確かに!私は、就活って人を極端な所まで持っていくんだなと思った。仲間に嫉妬したり自分の方が他の人より上にいると言い張ったり。どんどん大事なものを失くしていく姿を見て、私たちも来年ああなるのかなって。友達の受かった会社がブラックか調べてるところとか超怖かった。就活ホラーって感じ。

久保:リアルなだけに普通のホラーより怖かったかも(笑)

 

原作との違い

 

ほうん:原作と比べて良かったところってどこ?

久保:やっぱ最後の舞台のシーン!予告見た時なんであんなシーンがあるんだろうと思ったんだけど、「そう来たか!」って!鳥肌ぶわぁってなった。マジでやばかった。今まで観た映画の中で一番衝撃的なシーンだったかもしれない。

 

久保:このシーンは小説にはない演出だったけど、逆に言うとこのシーン以外はほとんど小説と同じだったから、もう少しアレンジしてほしかったな。

ほうん:原作に忠実にするのもいいことではあるんだけどね、、もっと映画のみの魅力があってほしかったな!演出すごくいいところもたくさんあったけどね!

 

キャスト

 

ほうん:今回の映画はキャストが豪華だったよね!!
やっぱり佐藤健の演技すごい上手だった!嫌な性格の主人公の演じ方が上手すぎて本当にムカムカしてきちゃった(笑)
でもこの主人公みたいに、周りの人たちを観察ばかりして、ツイッターに依存しているような人って本当にいるんだろうね…。だから刺さる。

久保:それより二階堂ふみが超可愛かった!有村架純はきれいだったけどちょっとぷっくりしてたかも。ていうか、予告の有村架純の「好きだったよ」は詐欺じゃんあれ!(笑)「好きってそれのことかーい!!!」って心の中で突っ込んじゃったよ!

ほうん:それは予告編あるあるだから仕方ないよ(笑)

 

全ての大学生が観るべき

 

ほうん:この映画の一番のターゲットってやっぱり就活を控えている大学生だと思うんだけど、やっぱ大学生ってこの映画観た方がいいと思う?

久保絶対観た方がいい!マジで。でも、就活しようとしてる学生だけじゃなくて、就活をしない予定の大学生にも見て欲しいかも!登場人物の一人みたいに、もしかしたら就活したくなるかもしれないから(笑)

 

ほうん就活の雰囲気がめちゃめちゃリアルに描かれてるから単純に勉強になるし、私も大学生が見たらすごい共感できる作品だと思う!けど、大学生だけがターゲットになるかというとそうでもないかな。割と就活生活で見られる人間の本質を語っていて、人間関係の中で生きている人みんなにお勧めしたい!(それってみんなだけど笑)

まとめ

久保:大学3年生のこのタイミングで就活がテーマの映画観られて良かったな。すごい落ち込んだけど、就活頑張る気になれた!

ほうん:やっぱ就活の映画って心に刺さるよね。でも、就活の闇を見せられるのと同時に、就活していて忘れがちな大事なものを自覚させられたから観てよかったなぁ。原作の方も読みたくなった!

<写真参考>
映画.com http://eiga.com/movie/83799/gallery/
 http://95138197.at.webry.info/201605/article_35.html

 

これから就活をしていく大学1~3年生の皆さん。観るのに少し覚悟はいりますが、映画「何者」を通して実際に体験する前に就活の“リアル”を垣間見ることは、就活するにあたりひとつの大事な糧になるかもしれません! そもそも就活とは何なのか、何を目標としてやっているかで悩んでいるあなたに新しい考え方も提案できると思います!ぜひ映画館に足を運んで「何者」をご覧になってみて下さい!

About the author

Ho Eun

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me