イベント情報

映画を愛する学生たちが集まった!第28回東京学生映画祭【実写部門】

 

皆さん、多くの魅力的な映画を楽しめる祭典、映画祭には行ったことありますか?前回に続けて学生が運営して学生の作品だけで成り立っている東京生映を紹介したいと思います!5月27日から29日まで三日間行われた第28回東京学生映画祭、実写部門は28日・29日の二日間行われました。日本一の学生映画を知りたい方はぜひ最後まで読んでみてください!ではスタート!

 

<5月28日 実写部門1日目>

 

IMG_6465 IMG_6471

多くの方々が東学祭に参加しました!素敵なホールで観覧できてすごくよかったです★

 

1.12:30 オープニング

 

12:30に東京学生映画祭(以下東学祭と称する)の実写部門がスタート!アニメーション部門とはまた異なるゲスト審査員たちが東学祭を訪れました。

IMG_6470

 

映画「呪怨」の清水監督をはじめ、全国ロードショーが控えている『溺れるナイフ』の山戸監督、映画プロデューサーの池田さんが審査員として参加し、学生たちと有益な話をしてくださいました!

 

審査員紹介に続いて各賞紹介が流れました。アニメーション部門ではなかった役者賞まで設けられて、映画を見るにあたって、ストーリーや編集、音楽だけでなく、役者たちにも注目して見れたのではないかと思います。

そして東学祭では普段映画館で見る商業映画とはまた違った、学生の想像力が目立つ多様なジャンルの映画が上映されていました。どれも魅力的な作品だけでしたが、その中で最も観客の心を奪った作品は何でしょう!

上映順で作品を紹介していきたいと思います!

 

1.APOLO

2.お姉ちゃんは鯨

3.傀儡

4.母がる

(あらすじの内容は東学祭のホームページから)

 

 

12:50 「APOLO」上映

設定からエンディングまで宇宙から来た「APOLO」

APOLO-300x169

作品紹介

黒人の宇宙飛行士が日本の小さな離島に宇宙服を着たまま落ちてくる。宇宙飛行士は島人達と触れ合い、宇宙よりも美しい何かを見つけていく。

いったい宇宙ってなんだろう、人種ってなんだろう、言葉ってなんだろう

 

 

14:20 「お姉ちゃんは鯨」上映

小さい音に、心に耳を傾ける「お姉ちゃんは鯨」

お姉ちゃんは鯨スチール-300x169

作品紹介

那津は小さな島の静かな港町で毎日退屈な日々を過ごしている。そんな中、姉の依澄が島に帰ってきた。那津にとって姉の存在はいつでも大きすぎる。

この映画は、自分の小ささに立ち向かっていく女の子を描いている。

 

 

16:10 「傀儡」上映

今すぐ商業映画として映画館で上映してもいい「傀儡」

kairai_matsumoto_chiaki-300x169

作品紹介

恋人の転落死から12年、記者となった藤真は「事故死で処理された未解決事件」として恋人の事故を記事にするよう上司から命じられる。反論も虚しく現場へ飛ばされた藤真であったが、当時容疑者として疑われていた男が遺族と共に暮らす光景を目にする。男に従順な遺族たち。疑いながらも藤真は取材を始めるのであった。

 

17:40 「母がる」上映

“る”ってなに!“る”ってすごいね!「母がる」

hahagaru-300x169

作品紹介

ああ君よ、進歩しないで/ああ君と、仮定して、泣きたいこと、を

ああ君と、仮定して、土砂降りの日の、目配せ、を

ああ君と、仮定して、油をつかった料理、を/ああ女は、受け入れたいの

母と娘と男と女と見えないこれから

 

15:20/18:30 トークセッション

上映の後には監督とゲスト審査員のトークセッションが開かれました。

IMG_6473  IMG_8830

トークセッションの姿

実写部門のトークセッションでは監督はもちろん、役者たちやカメラ監督も舞台上に来てくださって、映画を撮るにあって、どういう苦労があって、楽しさがあったのかリアルに語ってくれました!

映画自体の話もありましたが、東学祭が温度差の大きい作品を並んで上映したことや異なる魅力を持つ作品を選出したことにもふれていたことが印象的なトークセッションだったと言えるでしょう。

 

学生映画の魅力がやはり学生だからこそ作れる・考えられる映画であること、ですが、そこ点に対しての審査員たちの考えもわかることができました。

 

“観客にどう見られるかは二の次。完成まで必死になってどういう観客に見てほしいとかはなかったと思う。だからこそまことに学生らしい作品は出てきたのでは。”

また、

“なんの遠慮もなく監督の世界観を見せられること。それが学生映画の魅力。”

 

“自分だけしか見えないものをそれぞれの映画がよく表現した。”

 

という意見が聞けました。

 

19:20 特別招待作品 

    「Oh Lucy!」上映

休憩の後には第67回 カンヌ国際映画祭 2014 シネフォンダシオン部門 第2位を取った「Oh,Lucy!」が上映、舞台挨拶まで続きました。

 

<「Oh,Lucy!」の詳細に関してはhttp://ohlucythemovie.com/まで。>

About the author

Ho Eun

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me