コラム

イケメン「リア充」に負けてない!?趣味を謳歌する『ソロ充』の休日を探ってみた

 

その実態が謎に包まれている「ソロ充」

今回はソロ充のS君に密着取材し、ソロ充の生態を皆様にご報告する企画第二弾。(第一弾→ぼっちじゃない!? 孤高の大学生 “ソロ充” の特徴を探ってみた)

前回の平日版が好評につき、今回はソロ充の休日を探ります。

 
<ソロ充とは?>
一人で楽しむことのできる人。友人を誘うのが面倒、人といると気を使う、相手のペースに合わせるのがしんどい、などというタイプの人に多い。自由気ままに過ごすことができ、あくまで本人は楽しんでいるので本人的には「ぼっち」ではない。
参考

 

<ソロ充の休日>

 

06:00

 

ソロ充の朝は早い。

“授業前はぎりぎりまで寝ているスタンス”のS君はどこへやら。

 

レポーター「今日は早起きですね…!何か予定でもあるのですか?」

ソロ充「今日はせっかくの休日で、しかもいい天気です。やりたいことがたくさんあるので、朝も無駄にできません。」

 

流石は“趣味の世界に没頭している”と噂のソロ充。どうやら趣味のこととなると急に意識が高くなるようだ。

 

 

06:30

 

朝ご飯とシャワーを済ませ、早速家を出るようだ。

 

レポーター「もう家を出るんですね!…と、その恰好、今日はサイクリングですか?」

ソロ充「そうです。朝の風は気持ちいですよ。今日は天気もいいので、ちょっと遠くまで行ってみます。」

 

お気に入りの自転車にまたがり、上機嫌そうなソロ充。口元の笑みが隠せていない。

 

S__671754

 

 

10:30

 

どうやら目的地に着いたらしい。

 

レポーター「これは素敵なカフェですね!潮風と波の音が心地良いです!」

ソロ充「ここはお気に入りの場所の一つです。爽やかな風とおいしいランチが、運動後にぴったりです。もともと静かな場所ですが、この時間に来るとお客さんも少ないので、より自分の時間を楽しめます。」

 

ソロ充は穴場スポットに詳しいのかも知れない。

それにしても、前回に引き続き人混みを避ける術と姿勢に脱帽である。

 

 cafe picture1

 

12:00

 

休憩を終え、次の目的地へとペダルを踏む。

 

レポーター「お次はどこへ?」

ソロ充「次は温泉と映画です。日帰り温泉で汗を流して、近くの映画館で映画鑑賞してきます。好きな本が映画化されたので、要チェックです。ちなみに私は基本原作派なんですがね。」

 

ここからさらに温泉に映画と、かなりアクティブな1日のようだ。

 

と、一つ気が付いたのだが、今日のS君はよくしゃべる。

思いのままに趣味を堪能できるのが、よほど嬉しいのだろう。

 

 

19:00

 

ソロ充帰宅。

ここで密着取材は終了となる。

 

レポーター「お疲れ様でした!かなり濃い一日でしたが、この後のご予定は?」

ソロ充「気になっているラーメン屋があるので、食べに行きますかね。最近お気に入りのお酒を買ったので、それを飲むのもアリですね。」

 S__679950

 

 

ここで、今日の疑問をぶつけてみた。

―趣味は1人もいいですが、友達とハマればもっと楽しいのでは?

自転車をこぐペース、食べるペースなど、自分のペースを守りたいんです。同じ趣味の人となら楽しみもありますが、他の趣味が合うとも限りませんし。

 

―かなり多趣味なようですね。友達との交流が少ない中、どこから情報を仕入れるのですか?

もともと色々なものに興味があったのが大きいです。あとは、一人でいると出先で声をかけられることが多く、その会話から新たな趣味を見つけることもありますね。

 

―ありがとうございました!

 

 

 

<最後に>

サイクリング、カフェ、温泉、映画、ラーメン、お酒…。多くの趣味を一人で満喫し、ソロ充の休日は「ソロ“充”」という名にふさわしいものでした。

「友達と遊ぶと楽しさ倍増!」という考えの筆者ですが、自分の時間を見直してみようかと思わせる1日となりました。皆さんもぜひ“自分だけの1日”を試してみてはいかがでしょうか?

 

<関連記事>

ぼっちじゃない!? 孤高の大学生”ソロ充”の特徴を探ってみた

S__28975122

 

キョロ充の日常を探ってみた。

 

About the author

kataoka

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me