就活

企業の「CSR活動」の意味、正しく理解できていますか?/就活コラム

最近、よく耳にする「CSR活動」という言葉。

よく「社会貢献活動」と訳されますが、抽象的でわかりにくいですよね。

また、CSR=ボランティア活動と誤解されることもしばしば。

今回は、CSR活動について猿でもわかるようにご説明いたします!

 

ーそもそも“CSR”って何の略?

 

CSR”とは、Corporate Social Responsibilityの略です。

直訳すると、「企業の社会的責任」となります。

これを踏まえ、CSR活動は

“企業の社会的責任を意識した活動”

と一般的に定義されています。

「企業の社会的責任を意識した活動」…?

抽象的でわかりにくいですよね。

一体どういうことなのでしょうか。

 

わかりやすくするために、

  誰のために

  何をするか

という2軸で見ていきましょう。

 

誰のために

CSR活動の対象は、ステークホルダー(利害関係者)です。

具体的には、従業員、顧客、取引先、仕入先、消費者、株主、地域社会、自治体etc

つまり、企業の活動に関わる人すべてを指します。

企業は、これらステークホルダー(企業の活動に関わる人すべて)への利益還元と信頼関係の構築を目的に、様々なCSR活動を行います。

あるいは、これらステークホルダーと企業の属する”社会全体”を対象とするCSR活動もあります。

 

  何をするか

ステークホルダーにも様々な人がいるため、

「何をするか」は「誰を対象とするか」によって異なります。

例えば、CSR活動の代表格である*IRは投資家を対象に、

雇用創出は地域社会を対象に、行われています。

また、社員を対象とした働きやすい環境作りも、CSR活動に含まれるのです。

さらに、社会全体を対象とすると、

環境問題に対する取り組みや、教育支援活動などもCSR活動の一環となります。

 

*IR(Investor Relations)

企業が投資家に向けて経営状況や財務状況、業績動向に関する情報を発信する活動のこと。

 

-まとめ

少しイメージは膨らんだでしょうか?

CSR活動が、単なるボランティア活動でないことも、おわかりいただけたかと思います。

 

要するに、CSR活動とは

「企業がお世話になっている人すべてに自分たちの利益を還元し、信頼関係を築くための様々な取り組み」

を指すんですね。

 

参考文献:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84%E8%B2%AC%E4%BB%BB

 

<関連記事>

誰のために、何をしているの?企業がCSR活動をする意味とは?【前編】/テンプホールディングス株式会社

About the author

gakuseikichi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me