メディア 企業研究

大ヒットテレビ番組「テラスハウス」誕生の裏側に迫る!/イースト・エンターテイメント

「奇跡体験!アンビリバボー」「僕らの音楽」など、私達に馴染みのあるテレビ番組の企画・制作を手掛けている株式会社イースト・エンタテインメント。今回はなんと、あの人気番組「テラスハウス」を手懸けられたプロデューサーさんにお聞きできるとのこと!
一体どのようにして「テラスハウス」の企画は生まれたのか、プロデューサー 松本彩夏さんに伺います。

企画をしたいという人や、マスコミ業界、AD、ディレクター、プロデューサーに興味がある人は必見です!

(編集部注※この記事は2013年5月6日に公開された記事を再編集したものです)

 

誰の日常にも溢れているドラマチックな瞬間を番組にしたい。

 

-大ヒット番組「テラスハウス」の企画はどのようにして生まれたのですか?

テラスハウスの企画は、実は4年前から考えていたものです。アメリカのリアリティ番組のようなものを日本でもやりたい、誰の日常にも溢れているドラマチックな瞬間を番組にしたい、という想いから企画書を作ったのですが、始めは受け入れてもらえませんでした。
しかし、いつか「これいいね」と言ってくれる人が現れる気がしていて、この企画を出し続けていました。そのうち、興味を持ってもらい、結果4年の時を経てテラスハウスが実現しました!テロップやナレーションを極力排除したり、家のインテリアにこだわったり、画や音楽にこだわったり、とにかく色々こだわっているうちにすこしづつファンが増えてきて…本当にありがたいです。

 

-「テラスハウス」以外にも様々な人気番組を手懸る御社の魅力は何ですか?

とにかく品が良いところです。まず、入社する前の面接や受付での対応がとても品があって好印象だったことを覚えています。社員はみんな品があるほうだと思います。
また、制作会社はよく物が散らかっていたり汚いイメージが横行しているのですが、この会社は年中大掃除をしているのでオフィスは割と綺麗なほうだと思います。
仕事では、「局の下請け」という意識ではなく、あくまでいちパートナーとしてクライアントと仕事をする社風なので、そういうところも魅力のひとつです。

 

次ページ→【AD・ディレクター・プロデューサーの辛いところ】

About the author

gakuseikichi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me