IT 企業研究

タダで泊まれて言語も学べて友達も作れる海外旅行、知ってる?/GoCambio

今回、GoCambioの神田俊一さんにお話しを聞かせていただきました。

12200423_1063447450366705_237240968_n (1)

―GoCambioって何?

 

GoCambioは今年の3月にスタートアップ企業として発足しました。

Cambioはスペイン語とイタリア語で「交換」という意味で、Goは英語で「行く」という意味を混ぜて、交換しに行こう(海外に行こう)」という意味で、それが会社の名前になっています。

ホストは寝床と食事をシェアし、ゲストはスキルをシェアすることで、その人たちの願いを無料で実現することが出来るサービスを提供する、シェアリング・サービスの事業をしています。

Couchserfingとかなり似ている部分があるのですが、いくつかの部分で異なる部分があります。

まずは滞在日数です。Couchsurfingの場合滞在日数が平均2,3日ですが、GoCambioの場合は平均1ヶ月です。
 次にホストに関してですがCouchSurfingの場合滞在することが無料となっていますが、外食をするときに奢らなければならないなどの問題があります。しかしGoCambioはスキル教えるという対価として家に宿泊でき食事を提供してもらえるのです。

さらに、Couchserfingはかなり普及していてトラブルが多いと聞く点で、Go Cambioはまだまだ知られていので、まだ何とも言えないのですが、まずはユーザー同士でスカイプやメールや電話などしてもらってお互いに安全性を確保してもらったうえで、シェアをしてもらうようにしているので、GoCambioの安全性は高いと思います。また、GoCambioは女性の登録者が多いため、女性のゲスト(宿主)、女性のホスト(旅人)が見つけやすいです。これは女性にとって安心できる旅の要因の一つになるのではないかと思います。

12188296_1063707200340730_2037136363_n

 

―GoCambioの魅力は何ですか?

 

GoCambioでは、ホストとゲストがお互いにスキルと文化をシェアすることによって、無料でサービスが受けられるということが一番の魅力になっていると思います。また、ゲスト側がシェアするものとして言語、音楽、スポーツなどといった語学だけでなく、様々な種類のスキルがあり、ホストのニーズに対応することができる箇所が最大の魅力となっています。

 

―GoCambioという事業をなぜ始めようと思ったのですか?

 

GoCambioのメンバーがもともと教育事業に携わっていて、そしてある日、なぜ語学を学びに高いお金を払って海外に行くのかと疑問に思ったのです。その後10万人の語学を学びたい人と10万人の旅に行きたい人がいることを知りました。そして彼らを結ぶサービスとして今年の3月にGoCambioが創設しました。

 

―現在、Go cambioを利用しているユーザーは何人いますか?

 

市場が世界120か国で登録者数は7,000います。そして、今までに1,300件以上のユーザーのオファーがあります。ユーザーの多くはヨーロッパではスペイン、イタリア、フランス、イギリス、アジアでは台湾、日本、韓国、南米ではメキシコ、コロンビア、アルゼンチン、ブラジルです。現在の日本人の登録者は200います。

これらのユーザー同士の動きはGoCambioのスタッフが把握しています。

12201049_1063707197007397_1226305067_n

 

Tags

About the author

gakuseikichi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me