就活

内定に近づく!?インターンシップ後に送るお礼メールの書き方

 これから主に大学3年生を中心に、気になっている企業の秋・冬・春のインターンシップに参加する方が増えるのではないでしょうか。
 ところで皆さん、インターンシップ後にお礼メールは送ろうと思っていますか?まさか、送らないつもりではないですよね…?お礼メールは絶対に必要なわけではないですが、送らないよりは送った方が企業側に好印象を残せることは間違いないです。もしかしたら選考が有利に進むかもしれません。
 今回は、インターンシップ後に送るお礼メールを書く際に押さえておくポイントと、送るタイミングについて紹介していきます。

書く際に押さえるべきポイント

ポイントは2つ。

  • 誰宛てなのかを明確に記す
  • メールの本文の最初と最後は感謝の言葉で挟む

誰宛てなのかを明確に記す

インターンシップ参加後のお礼メールは誰に宛てたメールなのかをしっかりと分かるように文頭に記載をすることが大切です。
例として、
株式会社⚪⚪︎人事部⚪⚪︎様
というように書けば、バッチリです。

メールの本文の最初と最後は感謝の言葉で挟む

例文で見てみましょう。(例文はWantedlyより引用)

 AAA株式会社
BBB部 CCC様
大学⚪︎⚪︎学部⚪︎⚪︎学科の⚪︎⚪︎です。
 このたびは●●日間にわたり大変貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございました。
 何もかも初めてのことばかりで緊張していた私を大変温かく迎えていただき、時に厳しく指導して下さいましたこと、とても感謝しています。
 実際に業務の一端を経験してみると、頭の中で想像していたものとは異なり、円滑なコミュニケーションに心を配りながら、自身の目標を明確にし、確実に課題をクリアにして達成していくことの大切さを実感しました。
 また、業務内容について実際に就業している方々から、具体的なお話を伺う機会にも恵まれ、進路を選択する上で大変有益な体験をさせて頂きました。
 インターンシップを終えた今、改めて貴社の一員として働かせて頂きたいという思いを強くいたしました。
 業務多忙の中で、貴重な体験をさせて頂いたこと、重ねてお礼申し上げます。
 末筆ながら貴社のご発展と皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

例文中のマーカーを引いたところように、最初と最後に感謝の言葉を挟むことで印象アップを狙えます。

 

送るタイミングについて

 インターンシップ後のお礼メールのタイミングは、 当日の夜もしくは、翌日に送るのがベストです。 もしも、1週間など日にちが空くようなら送らない方が良いです。とにかくインターンシップ後のお礼メールは、スピードが大切です。
 インターンシップ後に送るお礼メールを送る際に押さえておくポイントと、送るタイミングについて紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。ただ最も大切なことは、インターンシップに参加させていただいたことに対する感謝の気持ちを素直に伝えることです。  多少言葉遣いなどがおかしくなってしまったとしても、自分の言葉(オリジナル)を使ってお礼メールを送ってみましょう。

About the author

gakuseikichi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me