学生インタビュー

蛇口からみかんジュース!?東大でみかんの消費量が半端ないわけとは/東大みかん愛好会

IMG_0549

東大五月祭で話題になった、蛇口から出るオレンジ色の液体。

正体はなんと、みかんジュースです。

この「蛇口からみかん」企画は、「みかんの名産愛媛の小学校では、蛇口からミカンジュースが出る」という都市伝説を具現化したものです。

仕掛人は、東大みかん愛好会の皆さん。日本一賢い大学生の集まる「東大」と、ゆるふわな「みかん」というユーモアに満ち溢れた名前は、一度耳にしたら忘れられません。

 

そこで今回は、この「東大みかん愛好会」の代表を務める、清原優太さんに、みかんの楽しみ方を伺ってきました。

 

東大みかん愛好会とは
「日本のみかんの消費量を増やす」という理念のもとに、2014年に発足した学生団体。 みかん産地とのコラボ企画や学祭企画などを通して、みかんの良さを発信する企画を行っている。 現在は、東大以外にも国際基督教大学と武蔵野美術大学の学生を中心に約100名が所属している。

 

―団体を作ったきっかけを教えてください。

 僕自身、みかんが大好きで自宅に常にストックしてあります。冬は1日に5,6個食べるくらい好きです。ところがある日、日本のみかん消費量は年々減少し続けている ことを知り、衝撃を受けました。全盛期の3割以下にまで減少してるんです。今一番日本で食べられている果物はみかんではなく、よりによって外国産のバナナ…これは何とかせねば!と思い、去年の1月にみかん好き有志16人とこの団体を立ち上げました。

 

―まだ結成されて1年弱しか経ってないんですね!これまでの約1年間、どのような活動をされてきましたか?

一番最近の活動ですと、今年の東大五月祭で蛇口からみかんサイダー無料体験とみかんらーめんの販売を行いました。

「蛇口からみかんサイダー」は、「愛媛県松山市の小学校では、蛇口からみかんジュースが出る」という都市伝説を具現化したものです。愛媛県松山市と連携して行いました。私たちは、愛媛県松山市も含めて33の自治体、企業、団体、生産者さんと連携して活動しています。

IMG_0038

東京大学五月祭で販売された、みかんらーめん

 

「みかんらーめん」は、”みかん”と”らーめん”という意外性のある2つのものを組み合わせて注目を集めたかったのでやりました。実は、このらーめんに使われたみかんは、カラマンダリンという5月が旬の品種のみかんです。こういった知名度の低いみかんの品種を知ってもらうことも、この企画の狙いでもあります。

去年の駒場祭では、みかんの皮投げ大会を行いました。これはみかんの皮を投げてその飛距離を競う遊びで、元々は静岡の伝統的な遊びです。こういった企画を通して、全国に複数あるみかん産地各々に応じたイメージを浸透させ、産地ごとの特色をプロモーションの軸にしていただきたい、という想いがあります。

10378533_385970704901576_5572596572088559976_n

みかんの皮投げ大会の様子。みかんの皮を思いっきりブン投げている。

 

他にも、去年のICU祭で焼きみかんを販売したり、バレンタインにはみかんとチョコレートを使ったみかん料理教室を開催したりしました。どんな企画でも、みかんに興味のない人も思わず気になってしまうような話題性を意識して企画しています。おかげさまで、YAHOO!ニュースやヒルナンデスさんなどの多数メディアに取り上げていただいています。

 

―たった1年で様々な活動をされてきたんですね!ところで、メンバーの皆さんは普段みかんを食べないのですか?

もちろん食べていますよ!今まで話してきた企画とは別に、メンバー全員が班ごとにみかんを味わう活動もしています。お世話になっている農家さんの元でみかん狩りをしたり、みかん酒の飲み比べをしたりしています。この活動では、純粋にみかん好きのメンバーたちにみかんを味わって楽しんでもらうと同時に、その様子をSNSにアップしてみかんの良さを発信しています!

1920347_362437690588211_7724172087448495755_n

10696261_362437650588215_5115137072551546753_n

1425727_362437587254888_6020618322871780638_n

みかん狩りの様子

 

―今までも様々な活動をされてきていますが、今後はどんな活動をされるんですか?

これまでは国内向けの情報発信しかしてこなかったのですが、これからは海外にもみかんの良さをアピールしていこうと考えています。そのために、国際交流系学生団体アイセックさんとコラボして海外の大学生にみかん料理を振る舞うイベントを開催します!また、JTBさんとコラボして東海道線の電車を貸し切り、みかん産地を巡るみかん電車を走らせます!これは一般の方向けのツアーとなっているので興味のある方は是非ご参加ください!

これはまだ企画進行中ですが、みかんのレシピ本を作って出版甲子園さんに企画応募もしたいです。また、今年の駒場祭ではみかんのネットやみかん箱を使ったミカンの障害物競争などもやりたいですね。

 

―今後も話題を集めそうな面白い企画がたくさん用意されているんですね!最後に、この記事を読んでくださっている方々にメッセージをお願いします!

みかんひとつでここまでいろんなことができます。いつでもメンバー募集中です!みかん好きな方は是非!

また、みかん愛好会を立ち上げたい!という方もいたらご連絡ください。運営のノウハウをご提供できます!

現在みかん愛好会があるのは東大のみですが、みかんに特化した活動は想像以上に多くの活動が可能でこの活動が他の大学に広がっていく余地はあると思います。そして、その団体が東大みかん愛好会のライバル団体になってもらえれば、切磋琢磨することで日本中でみかん旋風を巻き起こせるのではないかと思っています。もしみかん愛好会が他大学で立ち上っても東大みかん愛好会の支部にするつもりは全くなく、互いに独立して高めあっていけたらいいなと考えています!

特に、京大生は面白いこと考えるのが得意な人が多いと思うので、京大みかん愛好会が立ち上がったら斬新な企画を連発するライバル団体になるんじゃないかと思います。もし京大生の方で興味を持ってる人がいたら是非ご連絡ください!

 

Facebook https://www.facebook.com/micanclub.uticu?fref=ts

Twitter https://twitter.com/mikanclub1139

HP http://mikanclubuticu.wix.com/mikanclub

IMG_9106

 

(編集後記)

ゆるふわな名前とは裏腹に、しっかりとした理念のもと活動されているみかん愛好会さんの強かさに強い感銘を受けました。私自身も、みかん愛好会さんを見習って芯の強い人間にならなければと思わされました。これからもみかん愛好会さんの面白い企画から目が離せませんね!

About the author

gakuseikichi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me