就活

【就活生向けコラム】「会社選びのヒントはすぐ近くに」

S__6422556
こんにちは、松尾です。

先月に引き続き、今月も会社選びの話をしたいと思います。
(先月の記事:【就活生向けコラム】「会社を決めきれないあなたへ」)

学生の皆さんとお話したり、面接したりして感じるのは、皆さんが本当に気にしているのは、仕事内容よりも「会社の雰囲気」や「人」ということ。面白いことに、社会人になぜその会社を選んだのかと聞いても、同じような答えが返ってくることが多いと思います。どんな仕事をしているのかは当然大事ですが、それよりも雰囲気の良い会社、人の良い会社で働きたいと考える人が多いようです。これは考えてみれば当たり前ですね。どんな好きな仕事でも、嫌な雰囲気の会社では働きたくないですよね。

では、どうやって会社の雰囲気や人を見るのか。

一番手っ取り早いのは、その会社で実際に働いてみることです。飲食店やアパレルなどであればアルバイトとして働くチャンスはありますし、学生向けのインターンシップを行っている会社も最近は多いですね。しかし、行きたい会社や気になる会社が必ずしもインターンシップを行っているわけではありませんし、全員がインターンシップに参加できるわけでもない。会社説明会で採用担当者と話して、そこから会社の雰囲気や人の良さを感じ取るしかないというのが現実だと思います。

当然、会社側もそれを分かっていますから、採用担当者には会社のエースを送り込んできます。当たり前ですね。そういう意味では、採用担当者だけを見て判断するのは危ない。できるだけ、採用担当者以外の社員にも会って、話を聞いて、判断するべきです。

逆に採用担当者としか会わせてもらえないという会社は気をつけた方がいいかもしれません。また、面接の回数が極端に少ない会社にも気をつけた方がいいでしょう。本当にその会社が学生一人ひとりをきっちりと見ているのか分からないからです。中には面接を2回しただけで内定というケースもあるようですが、学生の皆さんにとっても、そんな面接だけで会社を選ぶというのは無理な話だと思います。

ちなみに、僕の会社は内定までに7、8回は面接をします。また、最初の会社説明会から社長を登場させます。面接や説明会は会社が学生を見る場であると同時に、学生が会社を見る場でもあると考えているからです。cd670780a0e8ad7e58258b662b25be70
ちょっと話を戻しましょう。

では、行きたい会社がインターンシップもやっておらず、採用担当者としか会う機会がないという場合はどうすればいいのでしょうか。ここで僕が皆さんにおすすめしたいのは、実際にその会社に行って、朝の出社風景、お昼休みの様子、夕方の退社風景を見るということです。朝、社員たちはどんな顔で仕事に向かっているのか。楽しそうかつまらなさそうか。お昼休み、社員たちはどうやってランチに行くのか。上司を含めた仕事のチームで行くのか、上司抜きで行くのか(=仕事の愚痴になることが多い)。夕方、社員は何時ごろに帰るのか。一人で帰るのか、グループで帰って飲みに行くのか。これだけで、どんな人たちがどんな雰囲気で働いているのかが良く分かります。むしろ、社員と話すよりもより分るかも知れません。話す内容は変えられても、表情や行動は簡単には変えられないからです。

ぜひ、気になる会社があれば足を運んで、人の様子や雰囲気を感じ取ってみましょう。会社説明会よりも多くのことを発見できるはずです。

photo_00984
では今月はここまで。

また来月お会いしましょう!

About the author

gakuseikichi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me