IT 企業研究

【夏20社にフラれた僕が冬劇変、VOYAGE GROUPに内定し、就職した理由】

藤本 礼
出身:金沢大学 数物科学類
勤務先:VOYAGE GROUP

『大人気のサマーインターンを行うVOYAGE GROUPの人事を直撃してきた。』(http://gakusei-kichi.com/?p=21744)の第2!?今回は、一昨年「frontier」に参加され、現在、入社1年目の藤本さんに参加者目線での「frontierの魅力」や「どのような学生生活を過ごされたのか」などを伺ってきました。

藤本さんが就職活動を始めたのはいつ頃からですか?
大学3年のサマーインターンの時期からですね。東京に来て選考を受けていましたが、20社くらい受けて全滅してしまったんですよね。結局、サマーインターンには一社も参加できなくて。。凹みながらも東京が楽しかったので、2ヶ月間ずっと東京にいましたね。()

驚きです!そこから、どうやってVOYAGE GROUPの内定を獲得したんですか?
サマーインターンの選考は全滅しましたが、たくさんの人に質問されているうちに、「自分が将来何をしたいのか」が見えてきたので、10月から冬までは自分のやりたいことを具体的にすることと自己分析を行っていました。自分の将来について誰かに語る機会ってあまり無いですが、インターンの面接では「相手に伝えなければならない」ですよね。相手に伝えるためには自分の中でしっかりとした考えだけでなく、色んな表現方法も必要になってきますが、サマーインターンの選考では「伝える」だけの考えや表現力を持っていなかったので、何社受けてもダメだったんだと思います。
ウィンターインターンでは2社のみ受け、その中の1社がVOYAGE GROUPの「frontier」でした。
実は僕、サマーインターンの時にも「frontier」に応募したのですが落ちているんですよね。でも、選考過程が面白かったこともあり、冬も応募しました。今度は、「自分の考えを自分の言葉で相手に伝えられた」のでウインターインターンは通ったのではないかと思っています。

11292660_364966140378550_956532476_n

frontier」に参加されていかがでしたか?
すごく楽しかったんですよね。プログラムが魅力的なのももちろんですが、1番の魅力はメンターとしてサポートしてくれる社員が本気であることだと思います!参加している学生よりも熱くて、誰よりも全力で頑張るし、泣きます。そんな姿を見て感動したし、自分たちも頑張ろうと思わせてくれました。「frontier」での1週間は、とても密度の濃く熱い充実した楽しい時間でした。
インターン後、メンターの方に「ここでバイトしたいです!」と話したら、「じゃあやろうか」となりましたが、タイミング的にVOYAGE GROUPの本選考を行う時期でしたので、まずは選考を受けることにしました。「frontier」を通して、社内の空気感や居心地の良さ、社員の方を大好きになっており、また選考過程で色々な社員さんと話す中でVOYAGE GROUPに対する好きという想いがどんどん強くなり、「大好きなインターネットを使って新しい事業がやりたいこと」と「一緒に働きたいと思える人たちと働きたい」を話の軸として面接で話し、内定を頂きました。インターンに参加したのが12月、内定を頂いたのが1月でしたので、動きは非常に早かったです。他の会社はあまり見ず、就活期間は意中の会社への「熱心な片思い期間」でした。()11243707_364966240378540_91256593_o内定を頂いてからは、どのような過ごし方をされたのですか?
研究に打ち込みながら、たくさん旅行に行きました。実は、大学4年まで海外旅行に行ったことがなくて、そのことをインターン時に海外旅行好きのメンターに話したら、「ほんとに海外行った方がいいよ!行かないとかマジ終わってる」って言われて。()  それで4年になってからアメリカやモロッコに行ってきました。

藤本さんは元々、ベンチャー思考だったのですか?
いえ、漠然と広告をやりたいなと思っていて、最初は大手・ベンチャーどちらの企業も見ていましたが「経営陣の方たちとも気軽に飲みに行けるくらいの方がいいな」と思い始めてからは、ベンチャーを見るようになりました。

そうなのですね。学生時代のお話と、小説家になりたかったというお話を教えて下さい。
学生時代は金沢大学で物理を専攻していました。1,2年生はやりたいことも明確にならず迷走をしていた時期でした。3年生になって「就活」を意識し始めてインターンなどの動きを始めました。
小説家は、高校生の時から「何かを作る・表現する」ことがしたかったんです。それで文章を書くのが好きだったので、小説家になりたいなって。大学生の時は『富山・石川の魅力を発信するメディア』を作っていて、職人や老舗にインタビューをして記事を書いていました。小説家になりたいという気持ちは今でも変わっておらず、いつかは小説を書きたいと思っています。11292786_364966183711879_835650720_n

理系の大学生ですと大学院に進む人も多いと思いますが、藤本さんは大学院へ進むという選択はなかったのですか?
大学院に進む気満々でいました。僕のいた研究室もみんな大学院に進みました。そのなかで、4年生になり、研究にのめり込みながらも、プラス2年でどうなるのかを想像した時に、2年間VOYAGE GROUPで働いたほうが良いのではないかと思い、企業で働くという選択をしました。

最後に後輩にメッセージをお願いします。
色々なものを見て経験して欲しいです。それはインターンに参加するのも1つだし、海外旅行に行くのも1つだと思います。何かを選択する際に、その選択はどれくらいものを見た上での選択なのかって、すごく大きいことだと僕は考えています。様々な経験をした上で、自分の見ている世界だけが世界じゃないことを知ってほしいです。
インターンに参加するなら、ぜひ「frontier」に挑戦してみてほしいです!「frontier」は最もVOYAGE GROUPの社風が体現されていますし、熱くて優秀なメンター陣、志・ポテンシャルの高い大学生と過ごす1週間は新規事業を作ることに興味がなくてもワクワクすることは間違いなしです。挑戦待っています!11303665_364966190378545_1951935135_n

藤本さんありがとうございました!

About the author

gakuseikichi

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me