学生インタビュー

失敗しないと面白くない。 /劇団 しおむすび

『失敗をしたら拍手』をキャッチフレーズに常に挑戦をし続ける日本初にして唯一の学生によるインプロ(即興芝居)集団 劇団しおむすび。代表の忍翔(おしょう)さんにインプロの魅力を伺いました。

S__6021161

————主な活動内容は?

インプロの公演、ワークショップを中心により多くの人にインプロを知ってもらおう と言う気持ちをもって主に週に一回活動しています。

インプロというのは設定だけを決め台本や打ち合わせはなし。型にとらわれず自由に思うままに作りあげていく即興芝居です。

BeBw8PtCQAAm5dv

 

————設立の経緯について

芝居の練習としての即興というものはあるのですが、それでストーリーを組み立てるというのは日本ではほとんどありませんでした。4年前に僕が初めてインプロ公演というものを見て感動し、自分もやりたいと思い後輩を中心に声をかけ活動を始めました。活動を繰り返し行う中で取材やイベントの出演などを通して周りから後押しされる形で団体を設立しました。

 

————しおむすびの由来は?

『しお』って漢字にすると『塩』。『えん』って読めるじゃないですか。活動の中で人の人との繋がり、『縁』を大切にしたいと考えているので『えんむすび』をもじって『しおむすび』と名付けました。

 

————インプロの練習はどのようなことをしているのですか?

練習というよりはトレーニングに近い感覚だな と最近考えています。練習は「勝ちたい」や「優勝したい」など、1つの目的の為に努力をすると思うのですが、インプロは日々自分を変えていくためにやっていることであり、『心のストレッチ』という表現の方が正しいのかなって。インプロを行っている最中は日頃の癖がでるので、日々なにかから逃げている人は芝居でも逃げてしまう傾向があります。お客さんは常に予想外で斬新な展開を期待しており、日頃からチャレンジしている人は想像を上回る面白い芝居で盛り上げることが出来ますが、保守的な人は想像できてしまう無難な芝居になってしまいます。メンバー全員が予想外で面白い芝居をする劇団を目指しており、そのために挑戦することを大切にし『失敗をしても褒める』ということを活動のモットーとしても掲げています。

DSCF0335

————インプロを通して性格の変化などもあるのでは?

そうですね、僕自身も変わったと思います。失敗しないとおもしろくない と考え方を持つようになりました。何かを達成するための壁として失敗っていうものは必ず存在するのではないか。と考えていて、努力しなくてもうまく出来ることはやらなくてもいいことなのかな と思い、失敗をどんどんしていこう とメンバーにも伝えています。

 

————活動の中で大変であったこと

インプロにおいての教える•教えられる立場の問題です。教えるという行為からどうしても一種の主従関係が出来上がってしまい、そうなってしまうと自由ではなくなり、インプロの面白みが無くなるので教えるのではなく気づかせるという意識をもちながら活動をしています。原因など様々な要素が人や場所、タイミングによって異なるので、気づかせる方法などのマニュアルは作らず、インプロのようにそのとき最も良いフレーズを最も良いタイミングで伝えるように意識して行っています。大変だけど常に新しい発見や成長があるのでいつも楽しさの方が増します!

 

————インプロの魅力とは

正解が無いことですね。その一瞬一瞬で新しい答えを創ることが出来るのはインプロにしか無い魅力だと思います。アメリカではインプロの出来ない俳優なんていらないとまで言われているくらいとても重要視されていて、僕自身もインプロの能力があると芝居•演劇においても奥行きが出てより良い演技が可能になると考えています。

DSC_0083

 

————忍翔さんがインプロで大切にしていることはありますか?

僕がワークショップを一般の方向けにやるときに必ず言うことがあります。それは『ここでは社会とは逆のことをやります。でも、おそらく個々人にたいして生きていく中で一番大切なことをやります。』という言葉です。

出来ないとやらないは違うと考えていて、【やらないというのは可能性を0にしてしまい、それはとてももったいないこと】である と気づいてもらうことを目的の1つとして持っています。人って変わることはいつでも出来ます。ただ、自分自身が変わることが怖いからやらない人が多い。その中で、インプロはその人がやらない理由を見つけてほぐすこと、いわば枷を外す作業であると考えています。変わるための背中を押してあげる作業が僕の役割です。

 

————これからの展望について教えてください

僕の強みは学生から認知されていて、学生に対してアプローチを仕掛けやすい 点である考えているのでさらに学生を中心にインプロの輪を大きくして普及活動をしていきたいです。ゴールを決めたらつまらなくなるので決めませんが、学校で部活が生まれるようになるくらい有名にしていきたいです。そのために常に自分が最前線を走り続けていきます!

 

————ガクセイに対してのメッセージをお願いします!

学生のうちは何度でも何度でもやり直すことが出来るので、たくさん失敗をしてください!多くの失敗を重ねた結果で達成することが出来たことはあなたにとって自信の持てる武器になっているはずですから。

DSC_0255

 

 

文責:鈴木靖隆

公式HPFacebookTwitter

 

最後に告知です!劇団しおむすびの舞台が明日•明後日に行われます!

 

劇団しおむすびpresents.
 
~第3回鴻上尚史企画~
 
「恋愛戯曲」
 
演出:忍翔
 
「トランス」「ハルシオン・デイズ」に続く第3弾!
 
大学生キャスト5人でお送りする名作「恋愛戯曲」!
 
今回も斬新な演出とエネルギッシュな演技でお魅せします!
 
<あらすじ>
 
恋愛ドラマの女王といわれた脚本家・谷山真由美だが、依頼されたドラマの脚本が1行も書けず、若手プロデューサーの向井に自分と恋愛してくれれば脚本が書けると強制恋愛を迫る。そこに谷山の執事である寺田の想いや、なぜか郵便局強盗までが絡んできて・・・
 
<日程>
2014年
8月16日(土)19:00
8月17日(日)14:00/18:00
※開場は30分前です。
※上演時間は約120分
<場所>
絵空箱(@江戸川橋)
<料金>
 
前売 2000円 当日 2200円
※共にワンドリンク付き
<キャスト>
谷山真由美 小滝柚香 向井正也 岩田洋一
杉村仁 喜田光一 泉川京子 足立悠子
寺田俊司 石田燎平
<スタッフ>
演出助手・照明 荻原秋裕
演出助手・制作補佐 渡辺汐里
音響 郡真莉奈
制作 mi-mi
宣伝美術 澁谷美笛
 
予約はこちらまでっ!
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=54250
 

 

About the author

gakuseikichi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me