学生インタビュー

グローバルな交流で新しい夢や価値観との出会いを/学生の国際交流パーティーIFP

今回紹介させていただく団体は学生の国際交流パーティーを開いている、「学生の国際交流パーティーIFP」です。

”人は異なる文化の人と対話することで、新しい夢や価値観を見つけることができる” と語る、副代表の浅見さんに、お話を伺ってきました。

IFPとはどのような団体ですか?

私たちの団体では「人は、異なる文化の方と交流することで新しい夢や価値観を見つけることが出来る」という理念の下、新宿本部では毎週、吉祥寺と横浜支部では月に1回のペースで国際交流パーティーを開催しています。

パーティーの規模は本部である新宿の場合、約100名、横浜・吉祥寺支部では約50~70名と非常に多くの方々に参加して頂いています。私たちの開催するパーティーは、英語を話せる、話せない、の制限がなく様々な人が参加しているという特徴があります。

留学経験者など英語が得意な人のみならず、英語や海外に興味はあるけれど英語は全く話せない、という人も非常に多く参加して下さっています。これはパーティー内で共通言語を指定していないためです。英語を話せる人は英語で、もし話せなくても参加している外国人の方々は日本語も話せる人がほとんどなので、日本語のみでも交流を楽しんでいただけます。

また、大学生のみではなく専門学校生や高校生も参加してくださっています。外国人の方々はもちろんですが、それだけでなく様々な人々と出会えることが大きな特徴です。活動を始めてから今年の7月で1年を迎えることになるので、団体が設立してからまだ日は浅いです。

なぜこのような団体の立ち上げに関わることになったかですが、以前震災復興イベントに参加した際、現代表と知り合い、後に国際交流パーティーの開催をする団体を作りたい、とお誘いを受けたことがきっかけでした。また、人は異なる文化の方と交流することで新しい夢や価値観を見つけることが出来る、という団体理念を聞いた際、私自身強く実感していたことであったため、この実感したことをより多くの人に伝えたいと思い、この活動に取り組もうと決めました。

 

メンバーの人数はどれくらいですか?

運営メンバーであり、集客や広報活動をするメンバーは大体10名ほどです。さらに当日パーティー等のイベントのお手伝いをしてくれるボランティアスタッフを合わせると大体80名超となります。

パーティーの手伝いをしてくれるスタッフは団体のメンバーではなく当日パーティーに来てくれた方々のボランティアとなっています。この運営メンバーやボランティアスタッフというのは、初めはお客さんでした。お客さんとして私たちの開催するパーティーに参加し、楽しんでいただき、運営に携わりたいと考えてくださった皆さんです。

パーティーの内容はどのような感じなのですか?

パーティーは共通して立食形式ですが、開催回数が多く、新宿本部では週に1回のペースで開催しているので、月に2回は主にコンテンツを取り入れ、外部サークルをお呼びしたり、クイズ大会や仮装大会を企画するといったコンテンツを用意しています。

その甲斐あって、設立当初は月に1回、新宿でのみの開催でしたが、段々と参加希望人数が増えていき現在に至ります。新歓時期に様々な大学へ足を運びビラを配ったりといった広報活動の成果もあり、参加希望者が増え、当時の新宿行っていた週に1回の開催では追いつかなくなってきました。多すぎるときにはやむなく抽選を取り入れざるを得ないときもあり、本部新宿のみならず、吉祥寺と横浜に支部設立を決めました。

支部増設を考え始めたのは団体設立から約半年後です。それだけ多くの参加者の方々を集められる、集客の強みとして、通常の学生団体のイベントの傾向では、イベントによく来る人が参加している、といったイメージが結構あります。

しかし、私たちの団体はそこだけにとらわれず、twitterなどを利用し、特に学生団体を知らないような一般層の方にも目を向け、美大、音大や体育大など様々な人々と出会えることが大きな特徴です。また、メールマガジンの配信もしていて、その内容としてはイベントの情報をメインに、今後の情報や役立つ情報などを掲載しています。国際交流にちなんで英会話に関することなども配信したりしています。

外国人の参加者に対しては、日本語学校・留学生シェアハウス・留学生渉外、大学での実施広報、SNS投稿などをしています!こういった広報、集客活動により、参加者の約3割は外国人の方々となっています。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?

パーティーをやっていく中で、参加したお客さんからすごく楽しかったと言ってもらえたり、twitterなどでも、英語の勉強が出来たりいろんな外国の人と交流が出来てすごく楽しかった、といった声を聴けるとこの活動に取り組んできて本当に良かったなと思います。

また、パーティーの開催にあたって、本部の10名の運営メンバーでここまでの大規模なパーティーを企画・運営を行っておりますが、それには当日手伝ってくださるボランティアスタッフの方々の力添えも大きいです。現状で運営に困っているわけではありませんが、来て下さる方々のためにより良いパーティーを提供するために、メンバーを増やすことも検討中です。

メンバーの募集は行ってはいますが通常のサークルや学生団体が行うような新歓は特に行っておらず、定期的なパーティーのなかで声を掛けさせていただいています。当日のボランティアスタッフも初めはお客さんから始まっています。皆パーティーに参加して、楽しい、運営もやってみたいと感じてくれたことをきっかけとして始まっています。

 

大変なことはありますか?

運営メンバーが少ないため、ほぼ毎日集客活動をしないと追いつかないことがあり、仕事量が多いことが挙げられます。

しかし大変な分充実感にあふれていて、不快には感じていません。私自身、もともとコミュニケーションが苦手でしたがこの団体に入ってからそれを解消できましたし、私たちの団体は日々学び成長できる場所だと思っています。

 

今後の目標は何ですか?

今後の目標は、大きく2つあります。まず1つめに、もっと支部を作りこの団体が全国へ広がっていくことです。新宿で開催するパーティーにも、埼玉県など遠方から足を運んで下さる方々がいらっしゃるので、そんな方々が参加しやすいよう、もっと様々な場所、地方にも支部を作れたらと思っています。

次に2つめの目標は、開催したパーティーで得た売上金を、カンボジアに寄付することが目標です。代表が海外に行った際、優秀で、もっと勉強できれば優秀な人材になるはずの人が、お金がないため、貧しいがために進学できず勉強ができないというケースがベトナムやカンボジアに多く存在すると知り、そんな人たちに奨学金としてお金を寄付したいと思ったことがきっかけでこの目標が生まれました。

IFPはこれからもその大きな目標に向かって活動していきます。

 

浅野さんありがとうございました。

以下は団体のFacebookページになります。

よろしければご覧になってみてください。

 

https://www.facebook.com/ifparty123

About the author

atsushi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me