サービス・インフラ 企業研究

みんなで旅をつくる/trippiece

旅のプランや共感して集まる仲間が、ひとつひとつ違っていて同じものがないというtrippiece<トリッピース>の旅。事業内容や学生時代について代表取締役CEOの石田さんにお話を伺いました。

trippieceとは?

「みんなで旅をつくる」がコンセプトのソーシャル旅行サービス。ユーザーの「旅に行きたい」想いが投稿され、それに共感した仲間が集まり、みんなで旅をつくります。ユーザー自らが行きたい旅の企画ページを作って共有することができます。
その旅の企画に共感したユーザーが集まり、参加希望者みんなで旅のプランを作っていきます。
旅のプランが具体化されたら、trippieceと提携している旅行会社がその企画をツアー化してご提供いたします。(trippieceのHPより)

 

会社を設立した経緯を教えてください

もともと起業をしたいという想いがあったことが直接の動機です。この事業内容に至った経緯は、学生時代に*ソーシャルビジネスで有名なバングラデシュに行きたいと思った際にSNSでメンバーを募り、旅を企画し、実際に体験した経験が『このようなサービスがあったらな』という想いを生み、trippieceというサービスに繋がりました。

*環境・貧困等の社会的課題の解決を図るための取り組みを持続可能な事業として展開すること。特に、低利融資を通じて貧困層の自立を支援し、ノーベル平和賞を授与されたバングラデシュのグラミン銀行が典型例として挙げられる。


代表取締役CEO 石田 言行

 

学生時代の経験がいきている

-所属していた学生団体やNPOについて教えてください

世界中の子どもたちを写真に残すといった内容の学生団体に所属していました。学生4人で運営していたのですが、一定の信頼も得られる等の理由から遅かれ早かれ法人化したほうがいいという結論をだし、法人化に至りました。そこでのイベント経験や営業経験、広報的な役回りまで経験し、ゼロから何かを作り上げるということが今の仕事に大きく影響しています。

 

初対面の人と行く旅の魅力

一人旅にしても出会いはあると思うのですが、偶発的な出会いと必然的な出会いという所に違いがあると思います。自由気ままな旅も良いとは思うのですが、そこに焦点をあてるのではなく、出会った彼らと何をするか何ができるかという点の方が旅の面白みを感じられると思います。

今後のビジョン

―今後やっていきたいなと思うことはどんなことですか

そもそも自分の趣味や興味で人を繋いでいきたいという想いが根底にあるのでそれを世界各国に展開していければ、世界がもっと良くなるのではないかと考えています。今はそれに近づくように精進していきたいなと思っています。

学生に一言お願いします

旅の価値を決めるのは自分なので、どんな意味合いで旅に出るにせよ楽しんでもらいたいです。学生という時間が使える期間の中で一度は旅に出てほしいと思いますね。

ありがとうございました!

 

【INFO】
みんなでつくる旅が気になる!という方はこちらから。
〇trippiece HP https://trippiece.com/

〇trippiece FB https://www.facebook.com/trippiece

 

≪trippiece新サービスがリリースされました!≫
旅と世界のキュレーションメディア「RETRIP<リトリップ>
RETRIPは「何度でも旅に出たくなる」をコンセプトに、世界の非日常体験を、写真と動画を中心にわかりやすくお届けする旅メディアです。

【Facebookページはコチラ】
https://www.facebook.com/retrip

【Twitterはコチラ】
https://twitter.com/retrip_news

Tags

About the author

gakuseikichi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me