人材・教育 企業研究

【自分の本当にやりたい仕事の見つけ方】/(株)リンク・アイ

“自分の本当にやりたいことって何だろう” 就職活動を目前にして悩む人は多いのではないでしょうか。 そんな悩みを持つ学生をサポートするサービスを提供しているのは、株式会社リンク・アイ―今回はリンク・アイでキャリアコンサルタントとして働く太田瑞葵さんにお話を伺いました! 9り無題

知っている企業から選ぶ就職活動」ではなく「合っている会社から選ぶ就職活動」へ

8り無題

自分の軸を持って就活してほしい

リンク・アイのセミナーの特徴を教えてください

3り無題 ―リンク・アイでは、学生のみなさんに自分の軸となる“本当に自分がやりたいこと”をセミナーを通して発見してもらいたいと思っています。 いまの就職活動では情報が溢れているのにも関わらず、「本当に自分のやりたいこと」や「働きたい企業」をその中から切り取れない学生や、切り取れなくても小手先で上手く出来てしまう学生が多いと感じています。しかしこのような就職活動のあり方は学生にとっても企業にとっても良くないことです。 そこで私たちは、学生に対して“自分の本質を見つめ直す” 機会を提供しています。 「そもそも自分って何?」「働くって何だろう」といった本質の部分から一緒に考えていくのがリンク・アイのセミナーの特徴です。 今回ご紹介するセミナーでは、“仕事を知る”“自分を知る”という2段階でまだ知らない世界を知り自分の興味の幅を広げ、その次に自分の軸となるものさしを見つけるお手伝いをします。 自分の軸を見つけて「知っている企業から選ぶ就職活動」ではなく「合っている企業から選ぶ就職活動」にしましょう!

『視野を広げる』ためのセミナー紹介

6り無題

『自分の軸を見つける』ためのセミナー紹介

7り無題

セミナーに参加するにはどうしたらいいですか?

―参加はこちらからできます。 リンク・アイのセミナーはすべて無料です。お気軽にご参加ください!   10 紹介者には、今回セミナーのご案内をしていただいた『太田瑞葵さん』のお名前をご記入ください!

自分のものさし

太田さんが現在のお仕事を選ばれた理由について教えてください

り1無題

自分の本質を見極める

―私は最初広告業界への就職を考えていました。というのも昔から広告が好で、さらに“たった15秒で人の心が変わる”という広告の魅力に惹かれていたからです。 しかし、実際に大手広告代理店に足を運び仕事について知っていく中で、どこか引っかかりを感じる自分に気が付いたのです。もちろん、大手広告代理店にはたくさんの魅力を感じました。しかし広告は“沢山の人の心を動かすことは出来るけれど、心が動いた瞬間を目の前で見ることは出来ない”と考えるようになったのです。この気持ちは就職活動を進めていく中で強くなっていきました。  「目の色を変えたい」という思いは「目の前で目の色を変えたい」という思いに変わり、この思いが“私の軸”となり、就職活動において“ものさし”の役割を果たしました。 私は幸運なことに大手の広告と人材両方を扱う会社からもお声をかけて頂き、正直とても迷ったのですが、決めてとなったのはやはり“目の前で”人に影響を与えられる”という自分の軸でした。

太田さんがお仕事の中で感じるやりがいはどんなことですか?

―この出会いによって学生さんの気持ちに変化が生まれて、そこから何かを始めてくれたり、さらには「そこでの学びがありました」という報告を貰えることが本当に嬉しいです。 私が以前出会った学生さんと就職活動が終わったあとにお話しする機会があったのですが、その子の話す仕事の話には以前話した時よりも格段と深みが増していて、さらには選んだ仕事を“やりたい”だけではなく、“嫌いな部分”までしっかりと知った上で腹決めをしている姿に感動しました。 り2無題

太田さんにとって『仕事』とは何ですか?

人生をより良くするもの

―仕事は、生きていくために必要なものであり、人生をより良くするものだと私は思います。 1日約8時間仕事をして過ごすのだから、私は仕事を通してより良い生き方をしたいと思っています。 仕事を通して出会った人たちからたくさんの刺激を受け成長する中で、自分のものさしにもさらに磨きをかけていきたいと思っています。

“動く”ことからスタート

最後に学生のみなさんにメッセージをお願いします!

―「自分のものさしってどう作るの?」という人は、まずは自分を知ることからはじめてみましょう。 自分の認識と他の人との認識のズレをたくさん見つけることで、自分のことが少しづつ分かってくると思います。例えば、私が思う“可愛い”とこの子が思う“可愛い”は違っていて、この子が思う“可愛い”を聞いて「私は可愛いと思わない」と思ったとしたら“自分が思う可愛い”がどんなものか分かりますよね。 このようにして他人の考えと自分の考えを対比することで、自分が分かってくるのです。しかしいつも一緒にいる似た通ったりの子達といるだけでは、なかなかズレを見つけられません。

“一歩外に踏み出してみる”行動が大切なのです。

 

【INFORMATION】
株式会社リンク・アイ⇒ホームページ

  太田瑞葵さん、ありがとうございました!  

 

<関連記事>

離職率4%「社員が辞めない会社」の秘訣とは⁉ / 株式会社アクシスウェア代表取締役 松野公生社長

Tags

About the author

gakuseikichi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me