学生インタビュー

不登校生徒と歩む学生パートナーシップ事業「がくぱと」

 

学校に行きづらさを感じ、引きこもりがちになってしまう子どもが、全国に11万人以上もいると言われています。

「がくぱと」では、そんな不登校児童・生徒の問題を受け、ふたたび外へ出かけるきっかけを与えられるよう、大学生が中心となって活動しています。

今回は「がくぱと」で活動されている溝口智大さんと、豊島理沙さんにお話を伺いました。

P3190046

がくぱと
 NPO法人フラワー・サイコロジー協会が運営する、学生の街、京都で生まれた、大学生による不登校児童・生徒のパートナーシップ事業。不登校児童・生徒が安心できる、「遊び」と「学び」の空間を提供している。

 

どのような経緯で、「がくぱと」の活動がはじまったのですか?

豊島 もともと「がくぱと」を運営するNPO法人がTutti Casaというコミュニティスペースを運営し、そこでアート教室や生け花教室など、花やアートを用いたセラピーを展開していました。訪れた方を対象に不登校支援、DV支援、介護支援も行っており、「がくぱと」では、不登校の児童・生徒が母親に手を引かれ、一緒に教室へやって来ることに着目し、「せっかく来てくれたのだから、楽しい時間をすごしてもらおう」という想いで、パートナーシップ事業を始めました。

不登校の問題であれば、地域に専門家の方がいらっしゃるのではないかと思うのですが、なぜ大学生が主体となって活動しているのですか?

豊島 専門家のカウンセリングの場合、周囲の大人がもう一度学校に行かせようとしてそこへ連れて行く、というケースが多く、子どもはその気持ちを繊細に感じとって、抵抗心をもってしまいがちです。ですから、「がくぱと」では何かするように促すのではなく、「行って楽しかった。また行きたい。」と思ってもらうことに重点を置いており、そういった意味で、年の近い大学生が、「近所のお兄さん、お姉さん」として接することを大切にしています。

溝口 以前、不登校だった子どもと話をする機会があって、その子も「自分から調べて、積極的に外へ出て行こうとは思わなかった。」と言っていました。そんな不登校の子どもにとって、一番のきっかけになるのは、お家の方に「行ってみない?」と誘い出されることだそうです。そうして付いていった先で、楽しい経験をたくさんして、少しずつ行動範囲を広げてくれたらいいなと思っています。また、学校に行くことが全てではないと考えているので、そこに出てくる事で得られる経験を踏まえ、その子なりの生き方を見つけてくれたらいいなと思います。

お二人が「がくぱと」に参加してみようと思ったきっかけはなんですか?

 

豊島 フラワー・サイコロジー協会の理事長が、私の通っている大学と連携して事業を行っていて、私の友人も既に「がくぱと」で活動していたので、そこで存在を知りました。その友人に活動へ誘われた時、貴重な経験だと思いましたし、同時に、私は教員志望なので、不登校の問題は避けて通れないだろうなと思って、参加を決意しました。

溝口 僕も教育大学で教員を目指しているのですが、そもそも教員になろうとしたきっかけが、いじめや不登校の問題に関心があり、それと向き合っていきたいと思っていたことでした。そのため、「がくぱと」の事業を知った時、すぐに興味をもちました。「がくぱと」は発足したばかりで、学生が一から作れる、その分これまでの支援とは違うかたちでアプローチできる、という点が魅力的だと感じました。ひとりひとりの仕事にも細かい枠がないので、それぞれの持ち味を活かしながら活動しています。

パートナーシップ、1対1という方法にはどのような意味があるのですか。

溝口 不登校の子どもが、少しずつ自身を取り戻していくには段階を踏む必要があります。不登校の大きな原因のひとつとして、たくさんの人との複雑な関係に息苦しさを感じてしまうことがあります。そのため、毎回専属の人がつくわけではないのですが、まずは1対1で対話をする中で自分を理解してもらい、自分が安心できる相手がいることを実感することが必要です。その後、複数の人の中でコミュニケーションを取り、自分の役割を感じながら過ごせるようになる。そして、「がくぱと」が企画するワークショップで、役割を果たしながら何かを成し遂げる。こうした段階を踏んでいくことが大切なのです。

不登校の相手と話すときに 戸惑いはありませんでしたか?

豊島 はじめのうちは、聞いてはいけないことは何だろう、触れてはいけないことは何だろう、と考えてしまって、こちらの方がなかなか言葉をかけられないということもありました。しかし、法人内の臨床心理士から、事前に接し方を学んで、シミュレーションをしますし、現場では心理士が同席するので、そこまで不安や戸惑いはありませんでした。

不登校児童・生徒への接し方は教育の学校でも学ぶのですか?

豊島 もちろん大学にもよると思うのですが、臨床心理の分野におけるそうした接し方を紹介する程度で、深い内容まで実践して学ぶところはあまりないと思います。現在、自閉症など発達障害を抱えた子どもであっても、他の子と同じように学校に通う場合も多く、教育の分野では、学校に来ている子にどう関わっていくかに重点が置かれています。カウンセラーなどの専門家との連携の取り方は学びますが、まだまだ、教員自身がそういったスキルを身につけ、不登校の子どもにアプローチしていく、ということは意識されていませんね。

そうなんですね。そういう点で言えば、「がくぱと」を通して、普段学べないようなことも身に付いているのではないですか?

溝口 そうですね。大学やNPOや区役所の方、学生など、いろいろな人と関わりながら、不登校の問題について考え、実際に交流をもつことができるので、すごく貴重な経験だと思います。不登校支援をしている他の団体の方とも連携・協力しているので、ネットワークが広がって、関西で教師になる人にとっては特に将来への糧になるのではないでしょうか。

 ホームページの運営やチラシの作成をしたり、地域と連携して企画をしたりといった活動はもちろん、相手の事を気遣いながら接するという経験は、教師を目指している人でなくても貴重な経験だと思います。

 
最後に、今後への意気込みをお願いします。

豊島 「がくぱと」での活動を通して、ひとりひとりと対話すること、個人を見つめることを学んだので、大学卒業後も個々を見る力を意識していけたらと思います。不登校の子の中には、自分からなかなか問題を打ち明けてくれない子もいるので、そういう時どう接していけばいいのか、しっかりと考えながら、自分なりにアプローチしていきたいです。今後も「がくぱと」メンバーにはそういった点を大事にしていってほしいなと思います。

<

p align=”left”>溝口 自分は大学院に進んで、「がくぱと」に残るので、自分たちが学んで来たことを後輩メンバーにしっかりと引き継いでいきたいと思います。「がくぱと」にはまだまだ課題があって、思うように不登校の児童・生徒が足を運んでくれないんですよ。だから、児童館など地域の施設とももっと関わっていって、「がくぱと」の活動を少しでも多くの人に認知してもらえたらと思います。ただ、むやみに規模を広げると、きちんと対話する、という本来の目的が果たせなくなってしまうので、そういう点にも配慮しながら活動の範囲を広げていきたいです。

About the author

gakuseikichi

Add Comment

Click here to post a comment

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

【日本初】この夏、留学。あのNASAに。

本要らず!エクセルの小技特集!!

本要らず!エクセルの小技特集!!

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

リアルすぎる?!ちょっとおかしな韓国語教室

Follow Me